高効率リアルタイムPCR用マスターミックス

THUNDERBIRD® Next Probe qPCR Mix

  • NEW ITEM
  • キャンペーン対象品

TOYOBO

価格表

Code No. 包装 価格(税別) キャンペーン
価格(税別)
保存温度 説明書
仕様書
SDS 法規制
QPX-101 1.67mL×3本
(500回用/20μL反応)
¥29,000 ¥17,400 -20℃ なし
QPX-101T 1mL×1本
(100回用/20μL反応)
¥8,500 ¥5,100 -20℃ なし
QPX-101X5 (1.67mL×3本)×5
(500回用/20μL反応)×5
¥133,000 -20℃ なし

THUNDERBIRD® Next Probe qPCR/RT Set

品名 Code No. 包装 価格(税別) キャンペーン
価格(税別)
保存温度 説明書
仕様書
SDS 法規制
THUNDERBIRD Next Probe qPCR/RT Set
QPX101/FSQ101 QPX-101とFSQ-101のセット ¥63,000 ¥37,800 -20℃ なし
THUNDERBIRD Next Probe qPCR/RT Set II
QPX101/FSQ201 QPX-101とFSQ-201のセット ¥63,000 ¥37,800 -20℃ なし
THUNDERBIRD Next Probe qPCR/RT Set III
QPX101/FSQ301 QPX-101とFSQ-301のセット ¥65,000 ¥39,000 -20℃ なし

キャリーオーバーコンタミネーション防止試薬とのセット品

品名 Code No. 包装 価格(税別) キャンペーン
価格(税別)
保存温度 説明書
仕様書
SDS 法規制
THUNDERBIRD Next Probe qPCR/UNG Set
QPX101/UNG101 QPX-101とUNG-101のセット ¥39,000 ¥23,400 -20℃ なし

用途

●リアルタイムPCR

説明

THUNDERBIRD® Next Probe qPCR Mixは、TaqMan® probeなどの配列特異的蛍光標識プローブや蛍光標識プライマーなどの各種検出系によるリアルタイムPCRのための2×濃度のプレミックス試薬です。ROX(別添)、プローブ、プライマー以外の成分があらかじめ混合されているため、反応液調製が簡便化できるとともに、サンプル間の蛍光強度のばらつきが最小限に抑えられ、再現性の高い結果を得ることができます。

本製品は、従来品のTHUNDERBIRD® Probe qPCR Mix [Code No. QPS-101]の組成を更に改良することで、マルチプレックス検出や、クルードサンプルからの検出に最適化しました。また、高速PCRサイクルにも対応しています。

特長

●幅広いダイナミックレンジ
高効率かつ特異的な増幅が可能であり、広い測定レンジでの解析が可能です。(実施例1)

●伸長10秒の高速サイクルに対応
伸長時間10秒の高速PCRでも検出が可能です。(実施例2)

●調製した反応液の安定性向上
独自のBuffer組成を採用し、プライマー・テンプレートを混合した状態での安定性が向上しています。

●PCR阻害物質存在下での定量性・マルチプレックス性能向上
高い増幅効率・特異性を併せ持つため、PCR阻害物質存在下やマルチプレックスの検出系でも効率的な増幅が実施できます。

●キャリーオーバーによる擬陽性防止
本製品にはdUTPが含まれているため、別売りのUracil-DNA Glycosylase(UNG)を使用することで、キャリーオーバー汚染による擬陽性を防止することができます。

●さまざまな機種、試薬に適合
一般的なリアルタイムPCR機器でご使用いただけます。また逆転写(RT)試薬に関しても様々な試薬と組み合わせて用いることが可能です。弊社RT試薬(ReverTra Ace®シリーズやSuperPrep®シリーズ)を組み合わせて用いると、より高精度・高感度な発現解析が可能であることを確認しています。


実施例

1. GAPDH cDNAの定量

蛍光色素(FAM)で標識したTaqMan® probe を用い、GAPDH の検出を行いました。
実験にはHeLa細胞total RNA由来のcDNA (total RNA 0.2 pg~20 ng相当)を用いました。
その結果、0.2 pg~20 ngの広範囲で高い定量性を確認することができました。

2. マルチプレックス 検出系での通常/高速サイクルの比較

4 種類の蛍光色素で標識したTaqMan® probe を用いたマルチプレックス検出系にて、β-actin 、 GAPDH 、 PLA、 TUB 遺伝子の検出を「伸長時間30秒の通常サイクル」および「伸長時間10秒の高速サイクル」で行いました。

実験にはHeLa細胞total RNA由来のcDNAを4倍希釈[5段階]をサンプルとして用い、Bio-Rad社CFX96 にて解析を行いました。

その結果、増幅が難しいマルチプレックス 検出系においても高速サイクルで高いPCR効率を示しました。


リアルタイムPCR試薬選択ガイド

製品内容
【QPX-101T】
THUNDERBIRD® Next Probe qPCR Mix
1mL×1本
50× ROX reference dye 50μL×1本
 
【QPX-101】
THUNDERBIRD® Next Probe qPCR Mix
1.67mL×3本
50× ROX reference dye 250μL×1本
基本反応条件
滅菌水 XμL
THUNDERBIRD® Next Probe qPCR Mix
10μL
Forward Primer 6pmol*1
Reverse Primer 6pmol*1
TaqMan® probe 4pmol*1
50×ROX Reference dye 0.4 /0.04μL*2
UNG*3[Code No:UNG-101] 0.4U
DNAサンプル YμL
Total Volume 20μL

*1 複数のターゲットを同時に検出する場合も同じ濃度で実施してください。
*2 50× ROX reference dyeは、ウェル間の蛍光強度および分注誤差補正のためにパッシブリファレンスを用いる機器での反応の際に添加してください。また、補正を行わない機器では添加する必要はありません。→各機種におけるROX添加量をご参照ください。
*3 UNG 処理(オプション):UNG は本製品中には含まれません。別売のUracil-DNA Glycosylase(UNG),Heat-labile[Code No. UNG-101] をご使用いただいた場合の温度条件および反応時間を一例として示しております。

(UNG*3反応 20~25℃ 10min.)


〈2ステップPCR〉: 高速
95℃, 20sec.
  ↓
95℃, 5sec.
60℃, 10sec.*
40~45 cycles
*伸長時間を10秒に設定できない装置もあります。

〈2ステップPCR〉: 通常
95℃, 20sec.
  ↓
95℃, 5sec.
60℃, 30sec.
40~45 cycles

ワンポイントアドバイス

   トラブルシューティングは
こちら

※ 法規制について
毒: 毒物及び劇物取締法[医薬用外毒物]
国: 国民保護法[毒素]
劇: 毒物及び劇物取締法[医薬用外劇物]
組: カルタヘナ法(遺伝子組換え生物等の使用等の規制による
危: 消防法[危険物]
   生物の多様性の確保に関する法律)
P: PRTR法(化学物質排出把握管理促進法)[届け出義務物質]
申: ご購入時に申込書の提出が必要な製品
労: 労働安全衛生法[通知または表示義務物質]
なし: 上記法令や申込書の提出に該当しない製品

製品検索

人気キーワード


コンテンツ

  • 実験実施例
  • 実験サポート
  • 製品選択ガイド
  • 製品一覧
  • TOYOBO LIFE SCIENCE UPLOAD 情報誌
  • コーヒーブレイク
  • お問い合わせ・資料請求
  • TOYOBO バイオニュース メールマガジン登録
  • CELL APPLICATION, INC.
  • 東洋紡バイオ事業統括部 公式Twitterはこちら
  • PCRは東洋紡