ウェスタンブロット解析、ELISAなどのシグナルを増強、バックグラウンドを低減します。

ウェスタンブロット・ELISA用免疫反応促進試薬 Can Get Signal(R) Immunoreaction Enhancer Solution

価格表

Solution 1 & 2

Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
NKB-101T 各50ml ¥10,000 4℃ 取扱説明書 SDS 該当無し
NKB-101 各250ml ¥30,000 4℃ 取扱説明書 SDS 該当無し

Solution 1

Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
NKB-201 250ml ¥17,000 4℃ 取扱説明書 SDS 該当無し

Solution 2

Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
NKB-301 250ml ¥17,000 4℃ 取扱説明書 SDS 該当無し

Can Get Signal / PVDF Blocking Reagent Set

Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
NKB101/NYPBR NKB-101とNYPBR01のセット ¥41,700 4℃ 該当無し

用途

●ウェスタンブロット、ドットブロット、ELISA
 

説明

1次抗体、及び2次抗体の反応液(希釈液)として用いるだけで、ウェスタンブロット解析やELISAなどの感度、及び特異性を改善する機能を有するバッファーです。
本試薬は、Solution1とSolution2からなり、それぞれ1次抗体および2次抗体の反応液として用います。1次抗体用と2次抗体用としてそれぞれ溶液組成が最適化されているため、バックグラウンドを低く抑えつつ、高いシグナルを得ることができます。
 

特長

●感度及び特異性を改善

抗原抗体反応を、高い特異性を保ちつつ促進する効果があり、従来法に比べて数倍から数十倍の高いシグナルを得ることが可能です。特に反応性の低い抗体で顕著な効果を示す傾向があることが確かめられています。
 

●広い汎用性

様々な標識抗体を用いる化学発光検出系、化学発色検出系、及び蛍光検出系のいずれにも対応します。
 

●使いやすいReady-to-useタイプ

使用濃度に調製されており、希釈は不要です。
 

原理

実施例

1.ウェスタンブロット解析によるリン酸化タンパク質の検出

1.ウェスタンブロット解析によるリン酸化タンパク質の検出

培養ウシ副腎髄質クロマフィン細胞の培養液にインスリンを任意の濃度で添加し、5分間刺激を行った細胞のライセートをサンプルとして、ウェスタンブロット法によってリン酸化Akt、及びERKタンパク質の検出を行いました。その結果、従来法(TBS-T使用)に比べ、Can Get Signal ®を用いた場合、明らかなシグナルの増強と、バックグラウンドの低下を確認できました。
*宮崎大学医学部 薬理学講座 柳田俊彦先生ご提供
 

2.ウェスタンブロットによるEGFRの検出

2.ウェスタンブロットによるEGFRの検出

ヒト扁平上皮細胞(A431)に発現するEGFR(Epidermal Growth Factor)をウェスタンブロットにて検出しました。A431細胞のライセートをサンプルとして、一次抗体反応にはCan Get Signal ® Solution 1[一次抗体:抗ヒトEGFR抗体(mouse IgG1)]を、二次抗体反応にはSolution 2[二次抗体:抗マウスIgG(Fab Specific、HRP標識)]をそれぞれ用い、検出しました。また、対照としてTBS-T(従来法)においても同様の検討を行いました。その結果、従来法では非特異バンドが濃く、目的バンドがほとんど検出されませんでしたが、Can Get Signal ®を用いることで、著しい非特異バンドの減少と、シグナルの増強が認められました。
 

3.ELISAによるHisタグ融合型ERK2タンパク質の検出例

3.ELISAによるHisタグ融合型ERK2タンパク質の検出例

無細胞タンパク質合成法を用いて合成したヒト由来His-tag融合型MAPキナーゼ(His-ERK2)を、サンドイッチELISA法(固相抗体:抗ERK2モノクローナル抗体、1次抗体:抗Hisタグポリクローナル抗体、2次抗体:抗ウサギIgG-HRP抗体)による検出を行いました。その結果、抗体反応を市販のブロッキング剤中で行う従来法では、ほとんど検出することができませんでしたが、Can Get Signal ®を用いた場合においては、低濃度域でも高いS/N比で高感度で検出が可能でした。
 

参考文献

1)N. Watanabe, et al., Proc Natl Acad Sci U S A., 102(33):11663-8.(2005)
2)M. Katsuno, et al., Proc Natl Acad Sci U S A; 102(46):16801-6.(2005)
3)K. Shimono, et al., J Biol Chem.,280(47):39436-47.(2005)
4)Y. Matsuzono, et al., J Biol Chem., 281(1):36-42.(2006)
5)T. Hanada, et al., Autophagy. 2:110-118.(2006)
6)T.Sugano et al.,J.Neurochemistry.98:20(2006)
 

製品内容

(NKB-101T)
Solution 1 50ml×1本
Solution 2 50ml×1本

(NKB-101)
Solution 1 250ml×1本
Solution 2 250ml×1本

(NKB-201)
Solution 1 250ml×1本

(NKB-301)
Solution 2 250ml×1本
 

備考

ブロッキング試薬、検出試薬は別途ご準備ください。
本試薬はブロッキングには適しません。
ブロッキングには、PVDF Blocking Reagent for Can Get Signal® の使用をお薦めします。
免疫組織染色・免疫細胞染色には、Can Get Signal® immunostainの使用をお薦めします。
 

ワンポイントアドバイス

●本製品はウェスタンブロット・ELISA等での「担体上の抗原」と抗体との反応に至適化されています。
・化学発光、化学発色、蛍光検出系のいずれにも使用できます。ペルオキシダーゼやアルカリフォスファターゼなどの標識抗体の活性にも影響を与えない成分から構成されています。
・2次抗体の後に使用するタイプの増感システムとの併用も可能です。
・ウェスタンブロット、ドットブロット、ELISA等で使用可能です。

●ビオチン・アビジン反応について
促進効果はございません。

●ブロッキング後の洗浄について
1次抗体の希釈液とブロッキング液が同じ(もしくはかなり近い)場合は省略可能です。異なる場合は洗浄が必要になります。
※詳細はプロトコル(P5)をご覧ください。
 

関連商品

組織免疫染色用免疫反応促進試薬

品名 Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
Can Get Signal immunostain Starter Set NKB-401 各5ml×1本 ¥12,000 4℃ 取扱説明書 SDS 該当無し
Can Get Signal immunostain Solution A NKB-501 20ml×1本 ¥30,000 4℃ 取扱説明書 SDS 該当無し
Can Get Signal immunostain Solution A NKB-501X4 (20ml×1本)×4 ¥70,000 4℃ 取扱説明書 SDS 該当無し
Can Get Signal immunostain Solution B NKB-601 20ml×1本 ¥30,000 4℃ 取扱説明書 SDS 該当無し
Can Get Signal immunostain Solution B NKB-601X4 (20ml×1本)×4 ¥70,000 4℃ 取扱説明書 SDS 該当無し

Can Get Signal(R)用人工合成ブロッキング試薬

品名 Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
PVDF Blocking Reagent for Can Get Signal NYPBR01 500ml ¥13,500 4℃ 取扱説明書 SDS 該当無し
※1 法規制について
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外毒物です。
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外劇物です。
: 消防法に基づく危険物です。
: 御購入時に申込書の提出が必要な製品です。
: 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」 (カルタヘナ法)に基づく組換え体または昆虫細胞組換え体で生産されたタンパク質です。
該当なし: 上記法令や申込書の提出に該当しない製品です。