組織免疫染色のシグナルを増強、バックグラウンドを低減します。

組織免疫染色用免疫反応促進試薬 Can Get Signal® Immunostain Immunoreaction Enhancer Solution

価格表

Solution A & B

Code No. 包装 価格 キャンペーン価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
NKB-401 各5ml×1本 ¥12,000 ¥7,200 4℃ 取扱説明書 SDS 該当無し

Solution A

Code No. 包装 価格 キャンペーン価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
NKB-501 20ml×1本 ¥30,000 ¥18,000 4℃ 取扱説明書 SDS 該当無し
NKB-501X4 (20ml×1本)×4 ¥70,000 4℃ 取扱説明書 SDS 該当無し

Solution B

Code No. 包装 価格 キャンペーン価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
NKB-601 20ml×1本 ¥30,000 ¥18,000 4℃ 取扱説明書 SDS 該当無し
NKB-601X4 (20ml×1本)×4 ¥70,000 4℃ 取扱説明書 SDS 該当無し

用途

●免疫組織染色、免疫細胞染色
 

説明

組織免疫染色の抗体の反応液(希釈液)として用いるだけで、感度、及び特異性を改善する機能を有するバッファーです。
Can Get Signal® immunostainは、ウェスタンブロットやELISA用としてご好評頂いているCan Get Signal® を免疫染色専用にさらに改良した抗体反応用バッファーです。本試薬には、反応促進効果の異なるSolution AとBが用意されており、最初に検討するときに、Starter Setを用いて評価することができます。Solution AとBは、ともに1次抗体、及び2次(標識)抗体の両方の反応に対応しており、それぞれが1次、及び2次抗体に対応するCan Get Signal® のSolution 1と2とは異なります。

特長

●感度及び特異性を改善

抗原抗体反応を、高い特異性を保ちつつ促進する効果があり、従来法に比べS/N比の高い良好なシグナルを得ることができます。また、2次抗体の使用量を減らして、バックグラウンドを抑えた明瞭な像を得るような使用法も可能です。
 

●高い汎用性

化学発色、化学発光、及び蛍光などいずれの検出系にも使用することができます。ABC法やポリマーコンプレックス法などの検出増感システムとの併用も可能です。
 

●使いやすいReady-to-Useタイプ

希釈せずにそのまま抗体希釈液として使用可能です。
 

原理

実施例

1.免疫組織染色によるPCNA(増殖細胞核抗原)の検出

ヒト皮膚組織モデルTESTSKINTMから調製したパラフィン包埋切片を用い、1次抗体として抗PCNAマウスモノクローナル抗体、2次抗体にビオチン標識抗マウスIgG抗体をそれぞれ用いて、免疫組織化学染色PCNAの検出を行いました(ABC法)。抗体の反応には、Can Get Signal® immunostain(Solution Aを使用)と、1.5%ウマ正常血清を含むPBS (従来法)をそれぞれ用い、染色効率の比較を行いました。その結果、Can Get Signal® immunostainを用いた場合は、従来法と比較して高いシグナルが得られ、バックグラウンドも低く抑えられた明瞭な染色像を得ることができました。


 

2.Olig2染色での従来法との比較検討

ヒト・脳腫瘍(グリオブラストーマ)[パラフィン包埋切片]におけるOlig2の染色を、1%BSA/PBS、Solution A、Solution Bのいずれかで希釈したAnti-Human Olig2 Rabbit IgGとAlexa 594 goat anti-rabbit IgG(H+L)を用いて検出しました。
その結果、従来法では微弱なシグナルが、Can Get Signal® immunostainを使用することで増強されました。特にSolution Aを用いた場合の方が染色態度も明瞭であり、バックグラウンドもより抑えられているように見えます。しかし、非特異的な反応である可能性も考えられ、また観察する上ではSolution Bを用いた場合でも十分に対応できると判断できました。


 

3.CD133免疫染色における従来法との比較検討

ヒト・脳腫瘍(グリオブラストーマ)[パラフィン包埋切片]におけるCD133の染色を、1%BSA/PBS、Solution A、Solution Bのいずれかで1/35希釈したRabbit polyclonal to CD133-Stem Cell MarkerとEnVision(Dako ChemMate)を用いて検出しました。
その結果、従来法では微弱であったシグナルが、Can Get Signal® immunostain を使用することで増強されました。ただし、Solution Aを用いた場合はバックグラウンドが高く、全体的に一様の染まりが見られたため、観察には適さないと考えられ、その後、Solution Bを用いて、抗体の希釈倍率を至適化することで、よりよい染色条件を見出すことができました。


 

※その他の実施例


 実施例4 蛍光染色実施例  
 実施例5 肝癌培養細胞のFOXO1を染色での従来法との比較検討 
 実施例6 アフリカツメガエルの卵巣染色での従来法との比較検討 
 実施例7 ラット頚動脈バルーンインジャリーモデルでの新生内膜におけるR-Ras発現解析の従来法との比較検討
 実施例8 Schneider 2 (S2)のalpha-tubulin染色における従来法との比較実験  
 実施例9 ウシ受精卵における熱ショックタンパク質の発現と局在解析 
 実施例10 ST2細胞におけるリソソームマーカーLAMP-1の検出


 

参考文献

1)K. Moriguchi, et al., Plant Cell.,17(2):389-403.(2005)
2)Tokuda M, et al., BIOLOGY OF REPRODUCTION 76:130-141.(2007)
3)K. Tamura, et al., The Plant Cell 19:320-332(2007)
4)H. Ii, et al., Biological &Pharmaceutical Bulletin 31 (3):363.(2008)
5)K. Tokuhiro, et al., Asian J Androl 10(5):711-718.(2008)
 

製品内容

【NKB-401】
Solution A 5ml×1本
Solution B 5ml×1本

【NKB-501】
Solution A 20ml×1本

【NKB-501X4】
Solution A 20ml×4本

【NKB-601】
Solution B 20ml×1本

【NKB-601X4】
Solution B 20ml×4本
 

備考

ウェスタンブロット・ELISAには、Can Get Signal® Immunoreaction Enhancer Solutionの使用をお勧めします。
 

ワンポイントアドバイス

●本製品について 本製品は組織切片や細胞などの「生体サンプル上の抗原」と抗体との反応に至適化されています。
・ABC法や、ポリマーコンプレックス法などの増感システムとの併用も可能です。
・パラフィン包埋切片、凍結切片、細胞などで使用可能です。

●Solution AとBについて Solution AとBは免疫反応の促進作用が異なります。どちらの溶液が適しているかは両方がセットになっておりますStarter set(Code.NKB-401)を用いて予備検討いただくことをお勧めいたします。ご検討の際は1次抗体・2次抗体ともSolution A、1次抗体・2次抗体ともSolution Bの2種類のパターンでご検討ください。
 

関連商品

●ウェスタンブロット・ELISA用免疫反応促進試薬

品名 Code No. 包装 価格 キャンペーン価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
Can Get Signal Immunoreaction Enhancer Solution NKB-101T 各50ml ¥10,000 4℃ 取扱説明書 SDS 該当無し
Can Get Signal Immunoreaction Enhancer Solution NKB-101 各250ml ¥30,000 ¥18,000 4℃ 取扱説明書 SDS 該当無し
Can Get Signal Immunoreaction Enhancer Solution 1 NKB-201 250ml ¥17,000 ¥10,200 4℃ 取扱説明書 SDS 該当無し
Can Get Signal Immunoreaction Enhancer Solution 2 NKB-301 250ml ¥17,000 ¥10,200 4℃ 取扱説明書 SDS 該当無し
※1 法規制について
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外毒物です。
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外劇物です。
: 消防法に基づく危険物です。
: 御購入時に申込書の提出が必要な製品です。
: 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」 (カルタヘナ法)に基づく組換え体または昆虫細胞組換え体で生産されたタンパク質です。
該当なし: 上記法令や申込書の提出に該当しない製品です。