信頼の形質転換効率で様々な用途に用いることのできるコンピテントセルです。

高効率大腸菌コンピテントセル Competent high

価格表

品名 Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
Competent high JM109 DNA-900 0.1ml×10本 ¥17,000 液体窒素
-20℃
取扱説明書 データシート 該当無し
Competent high DH5 DNA-901 0.1ml×10本 ¥17,000 液体窒素
-20℃
取扱説明書 データシート 該当無し
Competent high DH5α DNA-903 0.1ml×10本 ¥17,000 液体窒素
-20℃
取扱説明書 データシート 該当無し

用途

●形質転換



(pBR322系ベクターの宿主として)
pBR322をはじめ、種々のプラスミドの宿主として広く用いることができます。

(青白判定用のベクターの宿主として)
pUC、M13系ベクター、pBluescript®Ⅱなど、lacZαを有しているベクターを用いて形質転換を行うことにより、βガラクトシダーゼの活性回復(α相補性)により、IPTGとX-galを添加した培地で青白判定を行うことができます。挿入断片を含まないプラスミドによる形質転換体は青いコロニーになるのに対し、挿入断片を含むプラスミドによる形質転換体は白いコロニーになるので、目的のコロニーを容易に区別することができます。

(1本鎖DNAの調製)
1本鎖DNAの調製に必要なF'因子を保持します。

(lac、tacプロモーターによるタンパク質発現)
外来遺伝子産物は、宿主の増殖に悪影響を及ぼすおそれがあるため、組換え体が充分に増殖するまでは発現を抑えておき、増殖が進んだ段階で発現させる(IPTGによる誘導)方が良い場合があります。
JM109はlacIq変異のため、lacリプレッサーを過剰発現します。lacリプレッサーはlac,tacプロモーターに負の制御を行い、目的タンパク質の発現を抑えます。目的タンパク質の発現を誘導する際には、IPTGを培地に添加してlacリプレッサーの働きを抑えることにより、目的タンパク質の発現を誘導することができます。

(cDNAライブラリーの構築)
本製品は形質転換効率が高く、cDNAライブラリーの構築に適しています。
 

説明

独自の製法で調製された高効率な形質転換用の大腸菌コンピテントセルです。JM109、DH5、及びDH5αより選択いただけます。

組換え実験において、コンピテントセルを用いた大腸菌への遺伝子導入は必須技術であり、安定した高い形質転換効率が要求されます。MandelとHigaらが、塩化カルシウムで大腸菌を処理すると大腸菌の細胞膜の構造が変化し、DNAを簡単に透過し得る状態、すなわちコンピテントな状態にできることを発見して以降現在まで、コンピテントセルの調製法については種々改良がなされてきました。弊社ではその後も改良を重ね、さらに効率に優れるコンピテントセルの調製法を開発しました。


遺伝子型
●JM109
e14-(mcrA-), recA1, supE44, endA1, hsdR17(rk-, mk+), gyrA96, relA1, thi-1, D(lac-proAB), F’ [traD36, proAB, lacIq, lacZDM15]

●DH5
deoR, supE44, hsdR17(rk-, mk+), recA1, endA1, gyrA96, thi-1, relA1, F-, l-

●DH5a
deoR, supE44, hsdR17(rk-, mk+), phoA, recA1, endA1, gyrA96, thi-1, relA1, D(lacZYA-argF)U169, f80dlacZDM15, F-, l-
 

特長

●高い形質転換効率

弊社が開発した改良法を用いて作製されており、高い形質転換効率を示します。
 

●高い安定性

液体窒素中で保存した場合、40日間高い形質転換効率を保持します。



 

●すぐに形質転換

SOC培地が添付されており、すぐに形質転換が可能です。
 

実施例

保存安定性の検討

Competent highを液体窒素、ドライアイス中で保存後、Pbr322を用い形質転換効率を測定しました。また、液体窒素、ドライアイスで保存中のCompetent high DH5を、それぞれの状態で再凍結した時の形質転換効率を比較しました。その結果、ドライアイス中で24h放置される程度であれば、形質転換効率は低下しないことが明らかになりました。  再凍結前のコンピテントセルの形質転換効率を100%とし、各条件で1ヶ月保存後の形質転換効率を調べた結果(−はデータなし)を以下に示しますが、一度融解したコンピテントセルを再凍結すると効率は1/4〜1/10に低下することが確認されました。



※弊社ではコンピテントセル調製後、出荷時まで液体窒素中で保存しています。出荷はドライアイスにて行っており、この条件下で24時間以内であれば効率の著しい低下は生じません。製品到着後、直ちに液体窒素中に保存すれば、高い形質転換効率を維持できますが、−80℃で保存すると効率が約1/10低下します。
 

参考文献

1)M. Mandel and Higa, A., J. Mol.Biol., 53: 159-162(1970)
2)M. Dagert and S. D. Ehrlich,Gene, 6: 23-28(1974)
3)S. R. Kushner, in Genetic Engineering(H. W. Boyer, and S. Nicosia, Eds.),17-23, Elsevier/North Holland, Amsterdam(1978)
4)D. Hanahan, J. Mol. Biol., 166:557-580(1983)
5)H. Inoue, H. Nojima and H.Okayama, Gene, 96: 23-28(1990)

製品使用文献
1)T. Igarashi et al, ASBMB, 271(47): 29521-29524(. 1996)
2)K. Ohsawa et al., AnalyticalSciences,. 24(1): 167-172.(2008)
 

製品内容

Competent Cell* 0.1ml×10本
SOC培地** 1ml×10本
Positive Control Plasmid 50μl×1本

*各コンピテントによってチューブキャップの色を変えています。
赤・・・JM109
黄・・・DH5
緑・・・DH5α

**Mg,Glucoseを含有します。
 

純度
形質転換していない本品を、アンピシリン含有LBプレートに播種しても、コロニーは出現しません。
 

注意事項

エレクトロポレーションには使用できません。
 

基本反応条件

本品(0.1ml)を融解して、Falcon チューブ(2059)に移します。

add:
DNA 1pg-10ng

氷中、30min.
42℃、30sec.
氷中、2min.

add:
SOC培地 900μl
37℃、1hr.振とう培養

プレートに適量を播種
37℃、終夜培養
 

備考

〈実験時の菌数の目安〉
10D660=1×109cells/ml
 

ワンポイントアドバイス

●形質転換に使用するプラスミドの容量について
コンピテントセル容量の25%以上のDNA溶液を添加すると、効率が半減します。また、ライゲーション反応後の溶液をそのまま形質転換に用いる場合は、コンピテントセルの液量の10%(v/v)以下で行ってください。

●形質転換に使用するプラスミドのサイズについて
プラスミドの大きさが7.5kbを越えると、サイズが大きくなるにしたがって効率は低下します。pBR322(4361bp)の形質転換効率に対して、10kbでは約50%、15kbでは約20%に低下します。また、プラスミドのサイズが10kb以上の場合、形質転換できても、大腸菌での複製中に欠失が起こる場合があります。

●形質転換に使用するプラスミド量について
形質転換に使用するプラスミドの量は、0.1pg~10ngの範囲をお薦めします。10ng以上では、形質転換効率は低下します。

●形質転換に使用するコンピテントセルの容量について
形質転換に使用するコンピテントセルは、50 ~200μlの間では効率に変化がないことを確かめています。10μlでは効率は半減、400μlでは倍になります。
 

関連商品

高効率ライゲーション試薬

品名 Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
Ligation high LGK-101 375μl×2本 ¥20,000 -20℃ 取扱説明書 該当無し
Ligation high Ver.2 LGK-201 750μl×1本 ¥22,000 -20℃ 取扱説明書 SDS 該当無し

サブクローニング用大腸菌コンピテントセル

品名 Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
Competent Quick DH5α DNA-913 0.1ml×20本 ¥29,000 -80℃ 取扱説明書 該当無し
※1 法規制について
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外毒物です。
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外劇物です。
: 消防法に基づく危険物です。
: 御購入時に申込書の提出が必要な製品です。
: 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」 (カルタヘナ法)に基づく組換え体または昆虫細胞組換え体で生産されたタンパク質です。
該当なし: 上記法令や申込書の提出に該当しない製品です。