Thermo T7 RNA Polymeraseをベースとした高効率転写キットです。

高効率RNA合成キット ScriptMAX® Thermo T7 Transcription Kit

価格表

Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
TSK-101 60回用 ¥28,000 -20℃ 取扱説明書 SDS 該当無し

用途

●環状および直鎖状DNA鋳型からのin vitro translation反応系用のmRNAの合成
●tRNA、rRNA、リボザイム、アンチセンスRNA等の大量合成
●RNAi用の二本鎖RNAの合成
●RNAスプライシング反応の前駆体の合成
●ハイブリダイゼーションアッセイ用の高標識RNAプローブの合成
●Capアナログをプライマーとした、Cap構造を持つmRNAの合成
 

説明

熱安定性の向上したRNA合成酵素「Thermo T7 RNA Polymerase 〈〈TT7 〉〉」を
ベースに、RNA合成量を大幅に向上させた高効率RNA合成キットです。
本キットは、添付のAccelerator Solutionを添加することにより、従来法の2~4倍濃度のRNAを得ることができます。更に、本キットに用いられているThermo T7 RNA Polymeraseは、熱安定性が高いため、幅広い温度領域で反応が可能であり、また37℃においても比活性が向上しています。
 

特長

●高効率

Accelerator Solutionを添加することにより、従来法に較べ、2~4倍の収量でRNAの調製が可能です。
 

●優れた耐熱性

Thermo T7 RNA Polymerase 〈〈TT7 〉〉を用いており、野生型T7 RNA Polymeraseを用いたキットよりも、幅広い温度領域で反応できます。
 

●無細胞蛋白質合成用のmRNA合成に最適

実施例

1.従来法とのRNA合成量の比較

1.従来法とのRNA合成量の比較

T7プロモータを有する直鎖状DNAを鋳型として、ScriptMAX®及びA社T7 RNAポリメラーゼによりRNA合成反応を行いました。反応は20μlの反応系で500ngの鋳型を用い、37℃で2時間行いました。反応後、合成RNAを変性条件で1%TAEアガロースゲルにて電気泳動、解析を行いました。その結果、従来法に比べ、合成効率が大幅に向上していることが確認できました。

2.各in vitro Transcription Kitの合成温度とRNA合成量の比較

2.各in vitro Transcription Kitの合成温度とRNA合成量の比較

T7プロモータを有する直鎖状DNAを鋳型として、ScriptMAX®及びB社とC社のin vitro Transcription Kitを用い、37℃~50℃でのRNA合成反応を行いました。20μlの反応系で500ngの鋳型を用い2時間反応を行った後、合成されたRNAをゲル濾過精製し、RNA濃度を測定しました。  その結果、ScriptMAX®では45℃以上の高温域でも安定的なRNA収量を得られることが分かりました。

参考文献

1)K. Ishikawa et al., Nucl.Acids Res., 33: e112(2005)
2)M. Itoh et al., Nucl. Acids Res.,30: 5452-5464(2002)
3)M. Chamberlin and J. Ring,J. Biol. Chem., 248: 2235(1973)
4)M. Chamberlin and J. Ring, J.Biol. Chem., 248: 2245(1973)
 

製品内容

Thermo T7 RNA Polymerase  60μl
10×Basal Reaction Buffer  400μl
5×Accelerator Solution  400μl
25mM rNTPs Mixture  280μl
RNase Inhibitor(40U/μl)  30μl
Nuclease-free Water(not  DEPC treated)  1ml
 

基本反応条件

〈プロトコールA〉
●直鎖状DNAからのmRNA合成
●tRNA、rRNA、リボザイム、アンチセンスRNA等の大量合成
●RNAi用の二本鎖RNA合成

10x Basal Reaction Buffer 2μl
5× Accelerator Solution 4μl
25mM rNTPs Mixture 4.5μl
RNase inhibitor  0.5μl
Template DNA  0.1-1.0μg
Thermo T7 RNA polymerase 1μl
Total Volume  20μl
  ↓
37-42℃, 2hr.


〈プロトコールB〉
●環状DNAからのmRNA合成
●リボプローブなど、特異性の高いRNAの少量合成

10× Basal Reaction Buffer 2μl
25mM rNTPs Mixture 2μl
RNase Inhibitor  0.5μl
Template DNA  1-2μg
Thermo T7 RNA Polymerase 1μl
Total Volume  20μl
  ↓
37-42℃, 2-4hr.
 

備考

本キットに添付の10×Basal Reaction Bufferは、Thermo T7 RNA Polymerase [Code No.TRL-201]に添付のものとは組成が異なります。
 

ワンポイントアドバイス

●鋳型DNAについて
鋳型のプラスミドDNAは、精製度の高いものを使用します。特にプラスミド抽出でRNaseを使用した場合には、フェノール・クロロホルム処理等でRNaseを除去しておいたほうが良い結果を得ることができます。 また、本キットは直鎖状、環状いずれの鋳型からもRNAの合成を行うことができますが、転写産物の特性がそれぞれで異なること場合があり、RNAの使用目的に応じて選択する必要があります。

●反応温度について
本キットに添付されているThermo T7 RNA Polymeraseは、野生型のT7 RNA polymeraseと比較して、高温域での活性半減期が長くなっています。本キット推奨の反応時間(2時間)より短時間での反応を行う際は、より高い温度での反応を行うことで合成RNA収量が向上する場合があります。また、高い温度での反応を行うことで、鋳型DNAの立体構造障害の影響が減少し、合成RNA収量の改善を期待することができます。
 


 

関連商品

●高効率T7 RNA Polymerase

品名 Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
Thermo T7 RNA Polymerase 《TT7》 TRL-201 7,500U×1本 ¥12,000 -20℃ データシート SDS 該当無し

●RNase Inhibitor

品名 Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
RNase Inhibitor, recombinant SIN-201 2,500U×1本 ¥10,000 -20℃ データシート 該当無し
RNase Inhibitor, recombinant SIN-201X5 (2,500U×1本)×5 ¥40,000 -20℃ データシート 該当無し
※1 法規制について
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外毒物です。
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外劇物です。
: 消防法に基づく危険物です。
: 御購入時に申込書の提出が必要な製品です。
: 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」 (カルタヘナ法)に基づく組換え体または昆虫細胞組換え体で生産されたタンパク質です。
該当なし: 上記法令や申込書の提出に該当しない製品です。