RNase Aと結合しRNase活性を阻害します。RT-PCRに最適です。

RNase Inhibitor Recombinant type

価格表

Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
SIN-201 2,500U×1本 ¥10,000 -20℃ データシート 該当無し
SIN-201X5 (2,500U×1本)×5 ¥40,000 -20℃ データシート 該当無し

用途

●cDNA合成やin vitro Translation等、RNAを使用する実験におけるRNAの安定化
●RNAプローブの作製やin vitro Transcription等、RNAを産生する実験におけるRNAの安定化

説明

本タンパク質は、ヒト胎盤に由来する分子量51kDaのタンパク質であり、RNaseAと1:1で複合体を形成し、可逆的な非拮抗阻害を示します。
RT-PCR時のRTase反応時に添加することで、安定した結果を得ることが可能です。

特長

●広い範囲のpHで活性を保持

DTT存在下ではpH5~8の範囲で使用可能です。

実施例

1.RT-PCRにおけるRNase Inhibitorの効果

HL60細胞よりMagExtractorTM -RNA-(CodeNo.NPK-201F)を用いて抽出したRNAを使用して、RNase Aの添加の有無によるRT-PCRの結果を比較しました。様々な条件下でRandom Primerを用いてcDNA合成を行った後、Human IL-8 RT-PCR Primer Setを用いてPCRを行った結果、サンプル中にRNaseが存在する場合においても、増幅を認めることができました。

参考文献

1)J. Sambrook, et al., Molecular Cloning A Laboratory Manual,Cold Spring Harbor Laboratory (1982)
2)G. Scheele and P. Blackburn, Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 76:4898-4902(1979)
3)P. Blackburn, et al., J. Biol. Chem., 252: 5904-5910(1977)
4)P. Blackburn and B. Jailkhani, J. Biol. Chem., 254: 12488-12493(1979)

製品内容

RNase inhibitor(20~40U/μl)


形状:
20mM Hepes-KOH(pH7.6)
50mM KCl
8mM DTT
50% Glycerol

活性の定義:
5ngのRNaseAの活性を50%阻害するのに必要な酵素量を1Uとします。

比活性:
100U/μg protein

起源:
E. coli組換体

注意事項


*Inhibitorの溶液には、消防法危険物
 第4類 引火性液体 第3石油類 水溶性
 液体に該当するグリセロールが 50%
 含まれますが、引火点測定試験で
 危険物に該当しないことを確認して
 おります。
 

備考

基本的には、他の酵素の反応系のバッファー中にて使用することになりますが、反応液中のDTT濃度は少なくとも1mMは必要です。また反応液のpHは、5.0~8.0の範囲で効果が高いことを確認しています。

関連商品

逆転写酵素

品名 Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
ReverTra Ace TRT-101 10,000U×1本 ¥17,000 -20℃ 取扱説明書 データシート 該当無し
AMV Reverse Transcriptase XL LSLME704 500U×1本 ¥35,000 -80℃ 該当無し

RNAポリメラーゼ

品名 Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
Thermo T7 RNA Polymerase 《TT7》 TRL-201 7,500U×1本 ¥12,000 -20℃ データシート SDS 該当無し
※1 法規制について
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外毒物です。
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外劇物です。
: 消防法に基づく危険物です。
: 御購入時に申込書の提出が必要な製品です。
: 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」 (カルタヘナ法)に基づく組換え体または昆虫細胞組換え体で生産されたタンパク質です。
該当なし: 上記法令や申込書の提出に該当しない製品です。