よくある質問

カテゴリーから検索

PCR/RT-PCRのご質問【KOD -Plus- Neo】

KOD -Plus- / KOD -Plus- Ver.2 との違いは何ですか?開 く閉じる

酵素溶液に伸長エンハンサーが添加されており、増幅効率・伸長性が改善されております。また、伸長反応

の時間も1 min./kb から 30 sec./kb に短縮されております。
 

正確性はどのくらいですか?開 く閉じる

測定条件にもよりますが、KOD -Plus- 及びKOD -Plus- Ver.2同様、Taq DNA Polymeraseに対して、

約80倍高いというデータがございます。
 

増幅できるターゲット長についての情報を教えてください。開 く閉じる

条件にもよりますが、Genomic DNA;〜24kb (KOD -Plus- / KOD -Plus- Ver.2 では12kb)程度までの

実績がございます。
 

PCR時の伸長反応時間の目安を教えてください。開 く閉じる

30秒/kbをお勧めしています。
※PCR産物がスメアー状になる場合は、伸長反応時間を短くしてご検討ください。

 

プライマーのTm値の計算はどのように行えば良いですか?開 く閉じる

最近接塩基対法(Nearest Neighbor method)を用いております。プライマーのTm値計算表(EXCEL)は、

こちらからダウンロードいただけます。
 

増幅産物の精製はどのような方法で行えば良いですか?開 く閉じる

フェノール/クロロホルム処理を行った後、エタノール沈殿を行うか、弊社の磁性ビーズを利用した

DNA精製キット「MagExtractor TM -PCR & Gel Clean up-(Code No. NPK-601)」を利用すると

便利です。

 

増幅産物をそのまま制限酵素で処理して、クローニングできますか?開 く閉じる

増幅産物をクローニングに用いる場合は、制限酵素処理前に増幅産物の精製を行ってください。DNA

Polymeraseが残存している場合、本酵素の持つ3’→5’ Exonuclease活性により制限酵素処理中に

突出末端が削られる可能性があります。

 

PCR産物のTAクローニングは可能ですか?開 く閉じる

KOD -Plus- 及びKOD -Plus- Ver.2同様、KOD -Plus- Neoで増幅されたDNAの末端は平滑末端

になっており、PCR産物をそのままTAクローニングを行うことはできません。KOD -Plus- Neoで

増幅したPCR産物のTAクローニングには、専用TAクローニングキット「TArget CloneTM -Plus-」

をお勧めいたします。
このキットには、抗KOD DNA polymerse抗体とTaq DNA polymeraseが使用されています。

抗KOD抗体が、増幅後残留しているKOD DNA polymeraseの3'→5'エキソヌクレアーゼ活性を

抑えつつ、Taq DNA polymeraseのTdT活性でDNA末端にdAを付加します。よって、このキットを

用いると精製なしでKOD -Plus- NeoのPCR産物を高効率でTAクローニングすることができます。