RamDA-seq 実施例7
微量RNAからのcDNA調製

NIH3T3 から抽出したTotal RNA 10pgを用い、RT-RamDATM cDNA Synthesis Kit [Code: RMD-201] とA社qPCR用逆転写キットにて cDNAを調製しました。
このcDNAを鋳型にTHUNDERBIRD® SYBR® qPCR Mix[QPS-201]を用いて7種類の遺伝子についてリアルタイムPCRを行いCt値を算出しました。

その結果、Hprt1のような、従来技術では逆転写を行うことができなかった低発現のRNAも解析が可能でした。


RamDA-seq のページ
実施例一覧ページ