(KOD FX) 実施例26

先生方からいただきましたKOD FXの使用例を掲載いたしております。実験にお役立てください。

 実施例10:新規イネOsSRS3遺伝子の5´領域の単離

【遺伝子名】イネOsSRS3(5’ 領域のGC含量は、約80%)

【サンプル】イネ花芽由来のcDNA

【ターゲット長】2.4kb

【プライマー条件】
Forward 20mer  5’-TCCCGGCCTGACCTCTCTAC-3’
Reverse 20mer  5’-CAAAGTCGCCGAGAGATGAC-3’

【サイクル】
KOD-Plus-:推奨条件(30cycles)
他社酵素:推奨条件(30cycles)
KOD-FX: 94℃ 2 min
      (98℃ 10 sec,68 ℃ 3 min )×30cycles
      4℃ ∞

【反応組成液(KOD FX使用例)】
2×PCR buffer for KOD FX   25μl
2mM dNTPs               10μl
10pmol / μl Primer#1       1.5μl
10pmol / μl Primer#2       1.5μl
Template                         1μl
KOD FX (1.0U /μl)              1μl
dH2O                             10μl
--------------------------------
Total                             50μl

20080905KFX_user_10_2.jpg


【データご提供】
福井県立大学生物資源学部  
北川佳名子先生、隠岐勝幸先生、岩崎行玄先生

【先生からのコメント】
今までNested PCRしても得られなかった遺伝子が、KOD FXを用いたら一回のPCRで
明瞭な増幅が得られました。また、クローニング産物のシーケンス結果も正確でした。

●『KOD FX』その他の実施例はコチラから
●ライフサイエンスTOPに戻る