(KOD FX) 実施例10 マウステールLysateからの増幅例

 下記の実施例を掲載したチラシ形式のPDFファイルはコチラ からダウンロードしていただけます。
KOD FX』の他の実施例はコチラからご覧いただけます。

KOD FXを使用すればマウステールLysateから面倒な抽出作業をせずにすぐにPCR増幅を行うことが可能です。また、マウステールLysateの簡単な調製方法もご紹介いたします。

「マウステール前処理方法」
20080812mouse_tail_2.jpg

 

 <ご注意>
1. 熱アルカリ溶液の取扱には十分ご注意ください。
2. Proteinase Kを用いて調製されたライセートを直接PCRに用いることはお薦めできません。Proteinase KとSDSがPCR反応に悪影響を及ぼす恐れがあります。
ご使用の場合、精製が必要となりますのでご注意ください。
ライセートから直接PCRされたい場合は上記の『アルカリ溶解法』をお薦めいたします。

 

 マウステールlysateからのPCR増幅の他社製品との比較



20080509mouse_tail_2.jpg

 

 【PCR条件】

 テンプレート: 上記方法にて調製したLysateを水にて10倍希釈したサンプル 
                 0.5 μl / 50 μl Reaction
 ターゲット:   Mouse membrane glycoprotein (Thy-1) gene 2.6kb <M10246>
 プライマーシーケンス: 
       Primer#1 :5’-CCACAGAATCCAAGTCGGAACTCTTG-3’
       Primer#2 :5’-GTAGCAGTGGTGGTATTATACATGGTG-3’ 

  <反応条件>
                                 終濃度
 2x PCR buffer             25 μl       1×
 2mM dNTPs               10 μl       0.4mM each
 10pmol /μl Primer #1  1.5 μl       0.3μM
 10pmol /μl Primer #2  1.5 μl       0.3μM
 Mouse Tail Lysate        0.5 μl  
 KOD FX (1.0U/μl)         1 μl      1.0 U / 50μl
 PCR grade water          10.5μl
 -----------------------------------------------------------
 Total reaction volume    50 μl 

 <PCR サイクル条件>

                  94℃ 2min.
                  (98℃ 10sec,68℃ 2.5min.)×30cycles

他社製品のPCR条件は各社で推奨されているサイクルで増幅いたしました。


 

KOD FXは血液などのクルードサンプルからも
面倒な抽出なしにすぐにPCR増幅が可能です。


ホームに戻る