RNase H活性を有するトリのレトロウイルス由来の逆転写酵素です。

AMV Reverse Transcriptase XL

価格表

Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
LSLME704 500U×1本 ¥35,000 -80℃ 該当無し

用途

●cDNA合成

説明

AMV Reverse Transcriptaseは、Avian Myeloblastosis Virus由来の逆転写酵素で、RTase活性の他にRNaseH活性を有します。RNA及びDNAを鋳型に、RNA及びDNAをプライマーにしてDNAを合成することができ、M-MLV RTaseよりも熱安定性が高い傾向にあります。
約10kbのmRNAを鋳型とした場合、鋳型利用率は約60%であり、逆転写されたcDNAのうち約25%以上が完全長であることが確かめられています。

特長

●高い熱安定性

本酵素は、野生型M-MLV RTaseよりも熱安定性が高い傾向にあります。

原理

参考文献

1)G. M. Hellman, et al., Virology,128: 210-220(1983)
2)G. E. Houts, et al., J. Virol., 29:517-522(1979)
3)M. S. McDobell, et al., J. Mol.Bio., 110: 119-146(1977)
4)J. Locker, Anal. Biochem., 98:358-367(1977)
5)E. Shimomae and M. Salvato,Gene Anal. Tech., 6: 25-28(1989)

製品内容

AMV Reverse Transcriptase
Concentrate Reaction Buffer 1ml


形状:
200mM KPO4(pH7.2)
2mM DTT
0.2% Triton® X-100
50% Glycerol

Concentrate Reaction Buffer組成:
250mM Tris-HCl (pH8.3)
500mM KCl
50mM MgCl2
20mM

DTT活性の定義:
poly(rA):oligo(dT)を鋳型/プライマーとして、37℃、10分に1nmoleのdTTPを酸不溶性沈殿物に取り込む酵素量を1Uとします。

純度:
20Uの本酵素と1μgの28S rRNAを37℃、1時間反応させてもrRNAの泳動パターンは変化しません。

起源:
Avian Myeloblastosis Virus

注意事項


*酵素溶液には、消防法危険物 第4類
 引火性液体 第3石油類 水溶性液体に
 該当するグリセロールが 50%含まれ
 ますが、引火点測定試験で危険物に
 該当しないことを確認しております。
 

ワンポイントアドバイス

●保存について
本酵素は、長期保存の場合は-80℃保存をお勧めします。短期間であれば-20℃の保存も可能です。

関連商品

RNase Inhibitor

品名 Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
RNase Inhibitor, recombinant SIN-201 2,500U×1本 ¥10,000 -20℃ データシート 該当無し
※1 法規制について
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外毒物です。
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外劇物です。
: 消防法に基づく危険物です。
: 御購入時に申込書の提出が必要な製品です。
: 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」 (カルタヘナ法)に基づく組換え体または昆虫細胞組換え体で生産されたタンパク質です。
該当なし: 上記法令や申込書の提出に該当しない製品です。