よくある質問

カテゴリーから検索

遺伝子組換え/クローニングのご質問【TArget Clone】

TArget CloneTM (Code No.TAK-101)とTArget CloneTM -Plus- (Code No.TAK-201)は
どのように使い分けるのでしょうか。開 く閉じる

(TArget CloneTM)
一般的なTaq系のPCR酵素(rTaqやBlend Taq®など)やKOD Dash®で増幅して末端にAが付加されたPCR産物のTAクローニングに使用します。

(TArget CloneTM -Plus-)
高正確性PCR酵素 KOD DNA Polymerase, KOD -Plus- シリーズ および KOD FX シリーズで増幅して末端にAが付加されていないPCR産物のクローニングに使用します。

PCR産物の精製は必要でしょうか。開 く閉じる

以下の場合には、精製が必要となります。
・PCR産物に夾雑物を多く含む場合
・PCR産物にプライマーダイマーを多く含む場合
・PCR産物に非特異反応に起因するバンドを含む場合
・KOD系以外のPCR酵素で増幅した産物にdAを付加する場合


また、精製されたPCR産物を用いて、dA付加反応を行う場合は、PCR増幅に用いたバッファー、dNTP、(マグネシウム)をPCR時の濃度となるように添加して9μLとし、10×A-attachment Mixを1μL添加します。

付属の pTA2 Vector を使用する際に室温で放置可能でしょうか?開 く閉じる

pTA2 VectorのdT突出末端は不安定なので、室温で長時間放置することは避けてください。 
また、凍結融解の繰り返しもできるだけ避けるようにしてください(凍結融解10回までは、ほとんど性能劣化が認められません)。

ライゲーションを30分より短くすることは可能でしょうか。開 く閉じる

短いDNA断片(2kb以下が目安)をライゲーションする場合には、5分間の反応で十分なクローニング効率が得られます。

ライゲーションを30分より長くすることで効率上げることは可能でしょうか。開 く閉じる

室温での反応の時間を2時間まで伸ばすことによって、クローニング効率が向上することがあります。 
一晩(12~18時間程度)反応させる場合には、4℃で反応させてください