KOD FX Neo 実施例8
マウス爪を用いたダイレクトPCR

【実験結果】





1:Mouse TATA box binding protein
   (TBP) 0.5 kb
2:Mouse transferrin receptor
   (Tfr) 1.5 kb
3:Mouse membrane glycoprotein
   (Thy-1) 2.6 kb
    
【サンプル】マウス爪

●採取方法



【方法】


【遺伝子名・ターゲット】
・Mouse TATA box binding protein (TBP) 0.5 kb
・Mouse transferrin receptor (Tfr) 1.5 kb
・Mouse membrane glycoprotein (Thy-1) 2.6 kb

【プライマー配列】
Mouse TBP F : CAGTTGCTACTGCCTGCTGTTGTT
Mouse TBP R : GCTAGGATTAAAGACGTGCCACCA
Mouse Tfrc F : TGTGGAGGGTCAACGTGGTAGTT
Mouse Tfrc R : GTGACATTCTCAGGTGGCAGCTT
Mouse Thy-1 F02: CCACAGAATCCAAGTCGGAACTCTTG
Mouse Thy-1 R05: GTAGCAGTGGTGGTATTATACATGGTG

【反応条件】
DW                                     11 μL
2XBuffer  for KOD FX Neo   25   μL
2mM dNTPs                         10   μL
10 pmol/μl  Primer F            1.5 μL
10 pmol/μl  Primer R            1.5 μL
KOD FX                                1    μL        
                            50  μL

【PCRサイクル】
KOD FX・KOD FX Neo:
94℃, 2 min.
(98℃, 10 sec., 68℃, 1min./kb) ×35 cycles

※その他の試薬においては、取扱説明書に従い最適な条件にて実施しました。


【コメント】
 マウスの爪(toe)はマウスを傷つけることなく簡単に採取できるため、ジェノタイピングを行う上での最適な材料の一つです。KOD FXシリーズを用いることにより、マウス爪から高効率なPCRが可能です。是非、一度お試しください。