高分子量域のDNAサイズマーカーの作製に最適です。

λphage DNA

価格表

Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
DNA-001 400μg ¥10,000 -20℃ データシート 該当無し

用途

●電気泳動のサイズマーカーの作製
 

説明

代表的なファージDNA(48kb)であり、任意の制限酵素を用いて切断することによって、希望の泳動範囲のDNAサイズマーカーを調製できます。
一般的にHindⅢ、EcoRⅠ、StyⅠ等の6塩基認識の制限酵素がよく使用されます。
 

参考文献

1)F. Sanger et al., J. Mol. Biol., 162: 729(1982)
2)A. R. Goldberg and M. Howe, Virogy, 38: 200(1969)
 

製品内容

Lambda Phage DNA(0.25~0.5μg/μl)
 

形状:
10mM Tris-HCl(pH8.0)
1mM EDTA
 

ワンポイントアドバイス

●Lambda Phageで作製したマーカー
本DNAから作製したマーカーは、保存中にcosサイトを持つ断片同士が結合し特定のバンドが薄くなることがあります。
その場合、65℃で5分間加熱し、急冷してから用います。
ただし、その時にNaClなどの塩が5mM以上ないと泳動パターンが変化してしまうことがあるので注意が必要です。
マーカーを希釈する際には、15mM程度となるようにNaClを添加することをお薦めします。
 


 

※1 法規制について
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外毒物です。
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外劇物です。
: 消防法に基づく危険物です。
: 御購入時に申込書の提出が必要な製品です。
: 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」 (カルタヘナ法)に基づく組換え体または昆虫細胞組換え体で生産されたタンパク質です。
該当なし: 上記法令や申込書の提出に該当しない製品です。