よくある質問

カテゴリーから検索

発現・相互作用解析のご質問【Emerald Luc Luciferase Assay Reagent】

pELuc-testとpELuc(PEST)-testのベクターのマルチクローニングサイト(MCS)の上流にある二つのPolyA領域の役割は何でしょうか?開 く閉じる

ルシフェラーゼベクターでは、プロモーターに依存しないバックグラウンドのシグナルが生じるケース

があります。このMCS上流にpolyAシグナルを配置することによってこのバックグラウンドとなる転写

産物をブロックすると、バックグラウンドを低減できます。

pELuc-testとpELuc(PEST)-testでは、タンデムな配列を組み込むことによって、より強力なストップ

シグナルとして配置しています。

 

24ウェル以下のプレート、もしくはディッシュでアッセイしたいのですが開 く閉じる

24ウェル以下のウェル数のプレートでアッセイする場合は、Emerald Luc Luciferase Assay Reagent

とあわせ、別途Emerald Luc Lysis Solution(Code No. ELA-201)をご使用ください。
 

96もしくは384プレートを用いてアッセイをしたいのですが開 く閉じる

Emerald Luc Luciferase Assay Reagentを培地と等量加えて発光を検出します。マルチウェルプレート

を用いて、細胞培養・検出を同じ容器で行うためには白色不透明プレートをご使用ください。
 

この試薬は、in vivoアッセイ(生細胞)に使えますか?開 く閉じる

in vitroアッセイ用のEmerald Luc Luciferase Assay Reagent (Code No. ELA-101, 102)には細胞

溶解成分が含まれるため、in vivoアッセイには使用できません。

in vivoアッセイには、細胞培養液にD-Luciferin(Code No. MRL-101)を0.2〜1mMなるように加えること

により、細胞に浸透したD-luciferinでルシフェラーゼを検出できます。一般的に、in vitroアッセイでは、

in vivoアッセイに比べ、高いシグナルが得られます。

 

pELuc-testとpELuc(PEST)-testのどちらベクターを選択したらよいですか?開 く閉じる

pELuc-testに用いられるELucの方が細胞内での安定性が高いため、より高いシグナルを得られます。

一方、サーカディアンリズム解析、短時間での発現の増減の解析など、より動的な発現変動解析を行う

場合には、細胞内半減期の短いpELuc(PEST)-testのご使用をお勧めします。