Can Get Signal 実施例3
ELISAによるHisタグ融合型ERK2タンパク質の検出例

無細胞タンパク質合成法を用いて合成したヒト由来His-tag融合型MAPキナーゼ(His-ERK2)を、サンドイッチELISA法(固相抗体:抗ERK2モノクローナル抗体、1次抗体:抗Hisタグポリクローナル抗体、2次抗体:抗ウサギIgG-HRP抗体)による検出を行いました。その結果、抗体反応を市販のブロッキング剤中で行う従来法では、ほとんど検出することができませんでしたが、Can Get Signal®を用いた場合においては、低濃度域でも高いS/N比で高感度で検出が可能でした。