Quick Taq HS DyeMix 実施例4
増幅産物を用いた直接制限酵素処理

Quick Taq HS DyeMixによって増幅したPCR産物(β-globin遺伝子3.6kb)を直接用いて、数種類の制限酵素で処理を行いました。
その結果、今回用いた制限酵素において、完全な切断パターンを示すことが分かりました。

【方法】 
1.Human Genomic DNA 50ngを鋳型としてPCRを行いました。
2.増幅産物を10μl使用し直接制限酵素処理しました。


37℃ 1.0hr. 処理
 

【結果】

Quick Taq HS DyeMixを使用することで、PCR-RFLPなどのジェノタイピングが簡単に行うことが可能です。

Quick Taq HS DyeMixのページ
実施例一覧ページ