(KOD FX) 実施例41

 KOD FXは、クルードサンプルからの増幅効率に優れた高成功率PCR酵素です。以下に、先生方からいただきましたKOD FXの使用例を掲載いたしております。実験にお役立てください。

 

 実施例25:
  高成功率PCR酵素 KOD FXを用いたタバコ葉からの直接PCR
  [pdf版はこちら(実施例24,25を含む)  ]

 


20100613web2_leaf.jpg
 


【サンプル】

タバコの葉(2mm角)
20100613web_leaf.jpg


【遺伝子名・ターゲット長】

rbcL, rbcmtT 1.3~4.6 kb


【プライマー】

1.3 kb rbcL
Forward primer: 5’-ATGTCACCACAAACAGAGACTAAAGC-3’
Reverse primer: 5’-AAGCAGCAGCTAGTTCCGGGCTCCA-3’
2.2 kb rbcmtT
Forward primer:  5’-TCCCCTTTGCTGACCTGGTAAGATTC-3’
Reverse primer:  5’-GATAAAAGCCACCTCTCAAGCCCAAG-3’
 4.6 kb rbcmtT
Forward primer: 5’-CGGTAAAGCCAGGAATTGTACCAGAAGG-3’
Reverse primer: 5’-GGAAGATAATGGTGGCCTCAATCAAAGG-3’


【反応液組成】
 

 DW   11 (μl)
 2×PCR buffer for KOD FX  25
 2mM dNTPs   10
 10pmol / μl Primer F   1.5
 10pmol / μl Primer R  1.5
 KOD FX (1.0U /μl)  1
 Total    50 (μl)



【PCRサイクル条件】

94℃, 2 min

(98℃ 10sec,   68℃  1min./kb) × 35 cycles


【コメント】

タバコ葉を直接サンプルとして用いて、4.6 kbまでの増幅を認めることができました。本方法を用いることによって、より簡便に植物からのジェノタイピング等が可能になると思われます。


●『KOD FX』その他の実施例はコチラから
●ライフサイエンスTOPに戻る
●実施例24, 25のPDFファイルはこちら  からダウンロードいただけます(チラシの形式になっております)。