(KOD FX) 実施例36

 KOD FXは、クルードサンプルからの増幅効率に優れた高成功率PCR酵素です。以下に、先生方からいただきましたKOD FXの使用例を掲載いたしております。実験にお役立てください。

 

 実施例20:KOD FX を用いたマウス濾紙血によるPCR解析


20090916picture.jpg

【サンプル】
マウス血液

【前処理】

20090916flow.jpg

【ターゲット】
CIITA   450 bp

【プライマー】
ともに21mer

【反応液組成】

 dH2O   11 <μl>
 2x PCR Buffer for KOD FX  25
 2mM dNTPs  10 (0.4mM)
 10 pmol/μl Primer  F  1.5
 10 pmol/μl Primer  R   1.5
 KOD FX (1U/μl)    1
 Total  50 μl

                                                                                      
【PCR サイクル】

94˚C (2 min)

98℃ (10 sec.), 60˚C (30 sec.), 72˚C (40 sec.)  × 30 cycles

72℃ (7 min.)

【データご提供】
名古屋市立大学医科学研究科細胞分子生物
金澤 智 先生

【先生からのコメント】
KOD FXは、短時間の反応時間でも効率よくトランスジーンを検出した。また、positive control (lane 4,9)およびnegative control (lane 5, 10)でも検出感度が良好で、false posiも出なかった。今後、トランスジェニックマウスの管理の際のトランスジーン検出に使用することにします。


●PDFバージョンはこちら から
●『KOD FX』その他の実施例はコチラから
●ライフサイエンスTOPに戻る