(KOD FX) 実施例21~22

先生方からいただきましたKOD FXの使用例を掲載いたしております。実験にお役立てください。

 実施例 5: Human転写因子(HNF3b, C/EBPβ, FTFおよび HNF6)cDNAとmiR-17,18,19,20,92領域genomic DNAの増幅


20070820kuroki.jpg
【遺伝子名、ターゲット長、及びプライマー配列】
  ●HNF3b (ターゲット長:1.4kb)
     プライマー  5'ACTCGAATTCCAGTATGCTGGGAGCGGTGAAGA3’
            5'AAGGGGTACCAGAGTTAGCCGGGCCTGAA3'
  ●C/EBPβ (ターゲット長:1.0kb)
       プライマー  5'ATTAGAATTCGTTCATGCAACGCCTGGTGGCC3'
           5'CGCGGGTACCGCGCTAGCAGTGGCCGGAGGA3'
  ●FTF        (ターゲット長:1.6kb)
       プライマー  5'CTATGAATTCACTAAGAATGTCTTCTAATTC3'
            5'ATTCGATATCTTTAAAGCAAGTTTTTAA3'
  ●HNF6     (ターゲット長:1.4kb)
       プライマー  5'TCGCGAATTCCACGATGAACGCGCAGCTGACCAT3'
           5'CTTTGGTACCGAGGTTTTAGTTTGTGGTTCT3'     
    ● miR-17,18,19,20,92領域   (ターゲット長:1.1kb)
       プライマー  5'GGTTACTAGTTGTTAGAGTTTGAGGTGTTA3'
           5'TATGACTAGTCATATCGCAATACTTAACAG3

                                            (赤字はhomologous sequenceを示します)
【サンプル】
  HNF3b, C/EBPβ,FTF,HNF6:
   ヒト肝癌由来細胞株HuH7由来cDNA(0.1μg Total RNA相当)
  miR-17~92:
    ヒト肝癌由来細胞株HuH7由来Genomic DNA 0.2μg
 

【サイクル】
  KOD FX:
  94℃ 2min-
  (98℃ 10sec, 55℃ 30sec, 68℃ 2min) ×40cycles
  他社酵素:推奨条件

【データご提供】
  金沢大学がん研究所細胞情報調節
  黒木和之 先生
 

【先生からのコメント】
  容易に各種クローンを入手でき驚きました。

 

 

 実施例 6:植物発現プロモーターに連結させた植物ウイルスcDNA増幅

【遺伝子名】発現プロモーター+植物ウイルスcDNA
【サンプル】プラスミドDNA 0.2μg
【ターゲット長】11kb
【プライマー条件】21 mer(GC=21%)
【サイクル】
 KOD FX: 
 94℃, 2.5min.,
 (94℃, 15sec.,  57℃, 15sec., 68℃, 7min.) x 25
 A社Long PCR酵素、高正確性酵素:
 94℃, 2.5min.,
 (94℃, 15sec.,  57℃, 15sec., 72℃, 7min.) x 25

 

20070828imura_2.jpg


【データご提供】
日本大学生物資源科学部 植物病理学研究室 井村 喜之 先生

【先生からのコメント】
KOD FXは、A社のLong PCR酵素と比較して増幅効率がはるかに優れていた。また、A社高正確性酵素ではどの条件でも増幅することができなかった。
 さらに、KOD FXは50μlの系に対して1Uの使用で充分な結果が得られた。

●『KOD FX』その他の実施例はコチラから
●ライフサイエンスTOPに戻る