KOD FX 実施例14
マウスゲノムDNAを用いたPGK neo遺伝子の検出


【遺伝子名】PGK neo
【サンプル】Mouse genomic DNA 5~10ng
【ターゲット長】1.5kb
【プライマー条件】30mer, 0.4μM (final)
【サイクル】
 KOD FX: 
  94℃ 2min , (98℃ 10sec., 68℃ 90sec.)x30
 A社Long PCR酵素:
  94℃ 2min., (94℃ 30sec., 60℃ 2min.)x30, 72℃ 2min.


 

【データご提供】
東京大学大学院 医学系研究科 細胞分子薬理学教室 (飯野研究室)
金丸和典 先生

【先生からのコメント】
既存の製品では比較的困難な検出が、KOD FXでは明瞭に検出できて驚いた。さらに、非特異的増幅がKOD FXでは消失した。


KOD FXのページ
実施例一覧ページ