(KOD FX) 実施例15 トランスジェニックマウステールからのジェノタイピング例

 

 実施例 トランスジェニックマウステールからのジェノタイピング例


【サンプル】
トランスジェニックマウステールライセート

「マウステール前処理方法」
20080812mouse_tail_2.jpg


【反応条件とサイクル】

【PCR条件】

 テンプレート: 上記方法にて調製したマウステールライセート2μl を50μl反応系で使用

  <反応条件>
                                 終濃度
  PCR grade water           9μl
  2x PCR buffer             25 μl       1×
  2mM dNTPs               10 μl       0.4mM each
 10pmol /μl Primer #1  1.5 μl       0.3μM
 10pmol /μl Primer #2  1.5 μl       0.3μM
 Mouse Tail Lysate        2μl  
 KOD FX (1.0U/μl)        1 μl       1.0 U / 50μl
 -----------------------------------------------------------
 Total reaction volume    50 μl 

<サイクル>
95℃ 2min

(95℃ 30sec, 60℃ 30sec, 72℃ 1min)×40cycles

72℃ 3min

4℃ ∞

【結果】
20081222tgmouse_1.jpg
 

 

 【コメント】
クルードサンプルに強いKOD FXと、アルカリ溶解法を組み合わせることにより、簡便にトランスジェニックマウスのタイピングを行うことが可能です。


●『KOD FX』その他の実施例はコチラから
●ライフサイエンスTOPに戻る

 

 <ご注意>
1. 熱アルカリ溶液の取扱には十分ご注意ください。
2. Proteinase Kを用いて調製されたライセートを直接PCRに用いることはお薦めできません。Proteinase KとSDSがPCR反応に悪影響を及ぼす恐れがあります。
ご使用の場合、精製が必要となりますのでご注意ください。
ライセートから直接PCRされたい場合は上記の『アルカリ溶解法』をお薦めいたします。