(KOD FX)実施例9 GC richターゲットの増幅

 チラシ形式のPDFファイルはコチラ からダウンロードしていただけます。


KOD FXでは、他社GC rich対応PCR試薬が増幅できないターゲットでも増幅が可能でした。なお、他社酵素のPCR条件は各社推奨条件で行いました。
 

 ●実施例1 ヒト TGF-β2.3kb(GC含量約70%)


20080526KFX_GC_Appt.jpg
鋳型:ヒトゲノムDNA10ng / 50μl反応系

 

 ●実施例2 ヒト IGF2R遺伝子[NM_000876] 8.9kb(GC含量約90%の領域を含むmRNA)


Human IGF2R遺伝子[NM_000876] 8.9kb(GC含量約90%の領域を含む)をターゲットとして、KOD FX、及び他社試薬を用いて増幅し、比較しました。増幅反応は、human cDNA(HeLa Total RNA50ng相当)を用い、50μl反応系で、プライマー15pmoles、KOD FX 1Uを用いて、2ステップサイクルにて30サイクル行いました。その結果、他社PCR酵素に比べて、明らかに強い増幅を確認することができました。

20080526KFX_GC_B.jpg

鋳型:ヒトcDNA(HeLa Total RNA50ng相当 )/ 50μl反応系