KOD SYBR qPCR Mix実施例5
ChIPターゲットの効果的な増幅

先生方からいただきました実施例を掲載いたしております。実験にお役立てください。

【結果】 各qPCR Mixの増幅曲線の比較

 


 
  A社qPCRキット


 






  
  
  KOD SYBR® qPCR Mix










【サンプル】 ヒトゲノムDNA

【サンプルの調製方法】QIAGEN社のQIAamp® DNA Mini Kitキットを用いて液体培養した細胞よりヒトゲノムDNAを精製した。

【遺伝子名】 転写制御領域

【ターゲット長】 202bp

【プライマー配列】 F:塩基数20 Tm値70.1 GC% 65%    R:塩基数20 Tm値77.3  GC% 70%

【反応液組成】 KOD SYBR® qPCR Mix、A社リアルタイムPCR試薬は、共に以下の組成で実験を行った。

 qPCR酵素mix         12.5μL
 Primer F                  0.5μL
 Primer R                  0.5μL
 Template                 1  μL
 DDW                     10.5μL
 反応液                    25  μL


【PCRサイクル】
<KOD SYBR® qPCR Mix>
98℃ 2min.
 ↓
(98℃ 10sec., 60℃ 10sec., 68℃ 30sec.)×40
 ↓
融解曲線解析 60℃ to 95℃

<A社qPCRキット>
94℃ 2min.
 ↓
(94℃ 30sec., 55℃ 30sec., 72℃ 1min.)×45
 ↓
融解曲線解析 60℃ to 95℃


【測定機器】 TAKARA Thermal Cycler Dice® Real Time System TP800


【コメント】
これまで使ってきたqPCR MixでかからなかったPCRが、KODによって良好な結果が得られ、大変感謝しております。暗礁に乗り上げていた実験に光が見えてきたような気がしています。有難うございました。