KOD One 実施例17
植物ライセートからの増幅

ワンステップ法にて調製したタバコ葉ライセートを用い、KOD One® PCR Master Mix (色素なし,入り) および従来品で、rbcL遺伝子の増幅比較を行いました。

【ターゲット遺伝子名と長さ】
 rbcL /  1.3kb

【プライマー配列】
 
Forward Primer:   ATGTCACCACAAACAGAGACTAAAGC
  Reverse Primer:   AAGCAGCAGCTAGTTCCGGGCTCCA

【反応液組成】        (μL)
    滅菌蒸留水   Y
    KOD One® PCR Master Mix 10
    10pmol/μL Primer F  0.6
    10pmol/μL Primer R  0.6
    ライセート 0.25~1
 
    Total Volume 20

 

【サイクル条件】   
     98℃, 10sec. 30cycles
     60℃,  5sec.
     68℃,  7sec.
     (5sec. /kb)  

従来品PCR酵素は、それぞれ推奨の条件にて実施しています。

【結果】
KOD One® PCR Master Mixでは良好な増幅が得られました。KOD FX Neoでは、同様の増幅が見られましたが、KOD -Plus- Neo は、ライセート1μlの場合は増幅が見られず、植物成分による阻害がかかったものと思われます。






 M : 1kb DNA Ladder
 1 :ライセート 0.25μL
 2 : ライセート 0.5μL
 3 : ライセート 1.0μL




KOD One-のページ
実施例一覧ページ