KOD One 実施例12
マウス肝臓におけるROSA26領域のPCR増幅

データご提供 : 大阪大学大学院 薬学研究科 分子生物学分野 飯塚 俊輔 様

<実験の目的>
マウス肝臓においてROSA26領域を増幅可能か検討する。

<実験方法>

【サンプルの種類】
マウス肝臓から抽出したゲノムDNA

【サンプルの調製方法】
DNeasy Blood & Tissue Kit (Qiagen社)を用いてマウス肝臓のゲノムDNAを精製した。

【ターゲット遺伝子名と長さ】
ROSA26  /   300 bp

【プライマー配列】
Forward Primer  :  GCACTTGCTCTCCCAAAGTC             
Reverse Primer  :  ACACCTGTTCAATTCCCCTG

【反応液組成】                                                           【PCRサイクル】

     (μL)        
  滅菌蒸留水 10.5   94℃  1min.    
  KOD One® PCR Master Mix 12.5   98℃  10sec.  45cycles
  10μM Primer F    0.75   68℃  30sec.
  10μM Primer R    0.75        
  ゲノムDNA (20ng/μL)    0.5        
       
  Total Volume 25        

【サイクラー機種】
Veriti 96-well Thermal Cycler (Applied Biosystems)

<結果・考察>
2%TBEゲルでサンプルを泳動しました。左から1レーン目には
Invitrogen社の100 bp ladderを、2~7レーン目にはマウス肝臓
ゲノムDNAをテンプレートとして、KOD One を用いてPCRを
行ったフラグメントを泳動しております。
すべてのサンプルで目的としていた300 bpに、単一のきれいな
バンドが見られました。また、直接的な比較はしておりません
が、X社高速PCR酵素を用いた場合にも、同じプロトコルで同様
に300 bp付近に単一のバンドが見られることを確認しています。

<感想・ご意見等>
KOD Oneを使用して、X社高速PCR酵素と同じプロトコルで
目的のフラグメントを得ることができました。
今回の実験プロトコルでは、試薬の使いやすさ、PCRの質ともにX社高速PCR酵素と同等であったと感じています。

KOD One-のページ
実施例一覧ページ