リアルタイムPCR用のcDNA合成に最適化された、逆転写試薬です。

リアルタイムPCR用cDNA合成キット ReverTra Ace® qPCR RT シリーズ

価格表

ReverTra Ace qPCR RT Kit

Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
FSQ-101 200回用
(10μl反応)
¥38,000 -20℃ 取扱説明書 SDS 該当無し

ReverTra Ace® qPCR RT Master Mix

Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
FSQ-201 200回用
(10μl反応)
¥38,000 -20℃ 取扱説明書 SDS 該当無し

THUNDERBIRD® Probe qPCR/RT Set

Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
QPS101/FSQ101 QPS-101とFSQ-101のセット ¥63,000 -20℃ 該当無し

THUNDERBIRD® Probe qPCR/RT Set II

Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
QPS101/FSQ201 QPS-101とFSQ-201のセット ¥63,000 -20℃ 該当無し

THUNDERBIRD® SYBR® qPCR/RT Set

Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
QPS201/FSQ101 QPS-201とFSQ-101のセット ¥63,000 -20℃ 該当無し

THUNDERBIRD® SYBR® qPCR/RT Set II

Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
QPS201/FSQ201 QPS-201とFSQ-201のセット ¥63,000 -20℃ 該当無し

KOD SYBR® qPCR/RT Set

Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
QKD201/FSQ101 QKD-201とFSQ-101のセット ¥65,800 -20℃ 該当無し

KOD SYBR® qPCR/RT Set II

Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
QKD201/FSQ201 QKD-201とFSQ-201のセット ¥65,800 -20℃ 該当無し

用途

●リアルタイムPCR用のcDNA合成

説明

ReverTra Ace® qPCR RT Master Mix(Code No.FSQ-201)は、高効率逆転写酵素「ReverTra Ace®」を用いて開発された、リアルタイムPCR用の逆転写反応キットです。逆転写反応に必要な成分を全て含んだ5x濃度の完全プレミックス試薬であり、鋳型RNAと水を添加するだけで、迅速に反応を開始することができます。また、リアルタイムPCRのターゲットとなる短鎖cDNAの合成に最適化された反応組成の採用により、リアルタイムPCRに適したcDNA鋳型を短時間で効率良く調製することが可能です。

 

ReverTra Ace® qPCR RTキット(Code No.FSQ-101)は、高効率逆転写酵素「ReverTra Ace®」を使用しており、反応効率に優れています。また、リアルタイムPCRの反応系への逆転写反応液の持込の影響を最小限に抑えるよう改良されており、最大20%(V/V)を持ち込んだ場合においても優れた増幅直線性を示します。よって、低コピーmRNAの検出に適しています。さらに、キット構成も簡素化されており、より簡便に作業を進めることができます。
 

特長

●幅広いダイナミックレンジを実現

Oligo dT とRandom Primerの最適な混合比を持つプライマーミックスの採用により、RNAの全領域を均一に、高い効率で逆転写反応を行うことができ、広いダイナミックレンジでの解析が可能となります。
 

●リアルタイムPCR試薬との高い適合性

リアルタイムPCRの反応系への影響を最小限に抑える組成を採用しており、最大で20%液量の逆転写反応液をPCRに添加した場合でも、高い直線性を示します。発現量が少ないmRNAの高感度検出に適しています。
 

●完全プレミックス試薬 (FSQ-201のみ)

-20℃においても凍結しない完全プレミックスタイプの試薬です。鋳型RNAと水を加えるだけの操作で、簡便に再現性良くcDNAを合成することができます。
 

●逆転写反応(-)コントロールの調製が容易 (FSQ-201のみ)

同じくプレミックスタイプのno-RT Controlが付属していますので、逆転写反応(-)のコントロールも、容易に調製することができます。

実施例

1.鋳型RNA量の添加量に対する合成効率の検討

1.鋳型RNA量の添加量に対する合成効率の検討

ReverTra Ace® qPCR RT Kitの10μl反応系に対して、HeLa total RNAを0.5μg – 0.5pgの範囲でそれぞれ添加し、実施例2と同様の方法を用いてcDNA合成量の比較を行いました。その結果、検討を行った全範囲において鋳型RNA量とcDNA収量は高い相関を示し、鋳型RNAの多寡に関わらず安定して高いcDNA合成効率を維持しているが示されました。このことは、ターゲット濃度の異なるサンプル間においても逆転写効率の変化が極めて少ないことを示唆しており、定量結果の誤差を最小限に抑えることができると期待されます。

 

2.他社品とのcDNA合成量比較

2.他社品とのcDNA合成量比較

HeLa細胞由来のtotal RNA 100ngを鋳型として、各社キットをそれぞれの推奨条件に従って使用し、逆転写反応を行いました。リアルタイムPCRの反応液(弊社SYBR® Green Realtime PCR Master Mix使用)に上記逆転写反応液をそれぞれ1%(V/V)で添加し、リアルタイムPCRによるβ-ActinとPolymerase εのcDNA量の定量を行いました。その結果、本キットを用いることで、両ターゲットにおいて最も高い収量が得られていることが示されました。

 

3. RNase H処理の有無による検出感度比較

3. RNase H処理の有無による検出感度比較

ReverTra Ace® qPCR RTキットと、RNase H別添タイプのB社キットを使用し、それぞれ推奨プロトコルに従って逆転写反応を実施しました(B社キットはRNase H処理あり/なしの両方を実施)。実施例1と同様の方法を用いてβ-Actinの増幅を比較した結果、B社キットではRNase H処理をしなかった場合では、検出感度の大幅な低下が認められましたが、ReverTra Ace® qPCR RT Kitによる反応では、追加的なRNase H処理なしでも高い検出感度を示しました。ここには示しませんが、本キットを用いた場合は、RNase H処理した場合も感度は同等でした。

 

4.他社プレミックスcDNA合成試薬との逆転写反応効率(cDNA合成量)の比較

4.他社プレミックスcDNA合成試薬との逆転写反応効率(cDNA合成量)の比較

HeLa total RNA 100ngを鋳型に、各社キットの推奨条件にて逆転写反応を行い、続いてリアルタイムPCRにて5種類のターゲットの定量を行いました。その結果、本キットを用いることで最も高い収量が得られることが示されました。

●cDNA合成
試薬:ReverTra Ace® qPCR RT Master Mix(Code No.FSQ-201)及び他社の同タイプ(プレミックスタイプ)の製品
鋳型:HeLa total RNA 100ng /10μl反応系
条件:各社キットの推奨条件に従って実施

●リアルタイムPCR
試薬:THUNDERBIRD® SYBR® qPCR Mix(Code No.QPS-201)
鋳型:上記cDNA 2μl/20μl反応系(持込量10%)
Target:代表的な遺伝子5種
測定:Applied Biosystems 7900HT

参考文献

1)M. Hatta et al., Intl. J. Mol. Med., 9: 147-152(2002)
2)K.Miyazaki et al.,J.Bacteriology.,185:2219-2226(2003)
3)A.Nezu et al.,Biochem.J.,263:59-66(2002)
4)S.Nakashima et al.,J.Biochem.(Tokyo),131:241-246(2002)
5)S.Atsumi et al.,EMBO J.,20:5453-5460(2001)
6)Y.Yabuta et al.,Plant Cell Physiol.,41:666-675(2000)
7)S.Lee et al.,Gene,245:253-266(2000)

製品内容

[FSQ-101]
5x RT Buffer 400μl
Enzyme Mix 100μl
Primer Mix 100μl
Nuclease-free Water 1000μl×2本

[FSQ-201]
5x RT Master Mix 400μl×1本
5x RT Master Mix no-RT Control 40μl×1本
Nuclease-free Water 1,000μl×2本

※各キット共、10μlで反応を行なった場合、200回用としてご使用いただけます。
※FSQ-101,201につきましては、THUNDERBIRD® Probe qPCR Mix(Code No.QPS-101)やTHUNDERBIRD® SYBR® qPCR Mix(Code No.QPS-201)KOD SYBR® qPCR Mix(Code No. QKD-201)とのセット販売品もございます。

注意事項

本キット付属の5x RT Master Mix 及び 5x RT Master Mix no-RT Controlは、弊社姉妹品 ReverTra Ace® qPCR RT Master Mix with gDNA Remover (Code No. FSQ-301)には、ご使用いただけません〔組成が異なります〕。
ご注意ください。
 

基本反応条件

[FSQ-101]
RNAを65℃で5min.

氷上

滅菌蒸留水 X μl
5x RT Buffer 2 μl
Enzyme Mix 0.5 μl
Primer Mix 0.5 μl
RNA 0.5pg~1μg
Total Volume 10 μl

37℃, 15min.
98℃, 5min.

[FSQ-201]
RNAを65℃で5min.

氷上

Nuclease-free Water  Xμl
5x RT Master Mix    2μl
RNA template  1pg~1μg
Total volume      10μl

37℃, 10min.
50℃,  5min.
98℃,  5min.
4℃,   hold.

閉じる 詳細を見る
ワンポイントアドバイス

● 反応時間延長の効果
tRNAなど、多量のRNAを完全に逆転写する場合には、反応時間を延長することで収量が向上することがありますが、通常は標準推奨条件の37℃15分で十分です。

●使用できる鋳型RNAの種類
Total RNA、mRNA、tRNA、rRNAなど、各種RNAを用いることが可能です。

● RNase H処理は不要
鋳型RNAの残存によってPCRが阻害されることがあるため、一般的には逆転写反応終了後にRNase Hによる鋳型RNAの分解反応を行いますが、本キットでは、弊社が開発した新システムにより鋳型RNAは逆転写反応後に非酵素的に除去されます(特許出願中)。逆転写反応後にRNase H処理を行う必要はありません。

FAQはこちら

関連商品

高効率リアルタイムPCR Master Mix

品名 Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
THUNDERBIRD Probe qPCR Mix QPS-101 1.67ml×3本 ¥29,000 -20℃ 取扱説明書 SDS 該当無し
THUNDERBIRD SYBR qPCR Mix QPS-201 1.67ml×3本 ¥29,000 -20℃ 取扱説明書 SDS 該当無し
KOD SYBR qPCR Mix QKD-201 1.67ml×3本 ¥32,000 -20℃ 取扱説明書 SDS 該当無し
Realtime PCR Master Mix QPK-101 1ml×5本 ¥37,000 -20℃ 取扱説明書 SDS 該当無し
SYBR Green Realtime PCR Master Mix QPK-201 1ml×5本 ¥37,000 -20℃ 取扱説明書 SDS 該当無し
SYBR Green Realtime PCR Master Mix-Plus- QPK-212 200回用(1ml×5本) ¥37,000 -20℃ 取扱説明書 SDS 該当無し

高効率逆転写酵素

品名 Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
ReverTra Ace TRT-101 10,000U×1本 ¥17,000 -20℃ 取扱説明書 データシート 該当無し
※1 法規制について
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外毒物です。
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外劇物です。
: 消防法に基づく危険物です。
: 御購入時に申込書の提出が必要な製品です。
: 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」 (カルタヘナ法)に基づく組換え体または昆虫細胞組換え体で生産されたタンパク質です。
該当なし: 上記法令や申込書の提出に該当しない製品です。