正確性No.1(弊社比)〔Taqの約80倍〕。クローニングに最適です。

高効率・高正確性PCR酵素 KOD -Plus- / KOD -Plus- Ver.2

価格表

KOD -Plus-

Code No. 包装 価格 キャンペーン価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
KOD-201 200U×1本 ¥30,000 ¥18,000 -20℃ 取扱説明書 データシート SDS 該当無し
KOD-201X5 (200U×1本)×5 ¥120,000 ¥84,000 -20℃ 取扱説明書 データシート SDS 該当無し
KOD-201X10 (200U×1本)×10 ¥210,000 -20℃ 取扱説明書 データシート SDS 該当無し

KOD -Plus- Ver.2

Code No. 包装 価格 キャンペーン価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
KOD-211 200U×1本 ¥30,000 ¥18,000 -20℃ 取扱説明書 データシート SDS 該当無し
KOD-211X5 (200U×1本)×5 ¥120,000 ¥84,000 -20℃ 取扱説明書 データシート SDS 該当無し

用途

●PCR

説明

DNA polymeraseをベースに開発された高正確性PCR酵素です。弊社PCR酵素中、最高の正確性を示します。本酵素は、バッファー組成の改良やホットスタート法の採用により、従来品に比べ、正確性、及びPCR性能が格段に向上しています。KOD -Plus- Ver.2は、KOD -Plus-のバッファーをさらに改良し、PCR成功率が向上しています。

特長

●優れた正確性(弊社No.1)
KOD DNA polymeraseの特長である最高水準の正確性をさらに向上させており、Taq DNA Polymeraseの約80倍の正確性を示します。DNAクローニングに最適です。



●ホットスタートでPCRパフォーマンス向上
2種類の抗KOD抗体を酵素に混合することによって、非特異反応の原因となる常温下でのPolymerase活性と3'→5'Exonuclease活性を抑制しています。抗体はPCRの最初の変性ステップで失活し、増幅反応には影響を及ぼしません。

●伸長性・増幅効率向上
反応バッファー組成を至適化することにより、従来のKOD DNA Polymeraseよりも伸長性・増幅効率が向上しています。

●優れた耐熱性
Taq DNA Polymeraseよりも耐熱性が優れているため、変性ステップの温度を高く設定することができ、GC-richな高次構造を形成するようなターゲットに有効です。

●高いPCR成功率「KOD -Plus-Ver.2」[KOD-211]
増幅しにくいターゲットや長いターゲットに対するPCR成功率がKOD -Plus-より向上しています。また、逆転写反応液の持込みによる阻害も低減されています。
 

実施例

1. 各社PCR酵素の正確性の比較(対KOD -Plus-)

PCRの正確性を比較したところ、他社PCR用酵素に比べ、KOD -Plus- は最も高い正確性を示しました。
その正確性はTaq DNA Polymeraseに比べ約82倍であることが確認されました。


 

2. 他社高正確性PCR酵素とのPCR増幅性能の比較

Human β-globin遺伝子3.6kbをターゲットとして、KOD -Plus-、及び他社高正確性PCR酵素を用いて増幅し、比較を行いました。
その結果、KOD -Plus-は他社High Fidelity酵素に比べ良好な増幅を示しました。


 

3. 各種cDNAをターゲットとした他社PCR用酵素との増幅性能の比較

HeLa total RNAより逆転写したcDNAを鋳型として、4種類のターゲットについてPCR効率の比較を行いました。
その結果、KOD -Plus- Ver.2は、他の酵素に比べて良好な増幅を示しました。特に増幅の難しい6.8kbのターゲットにおいても明瞭な増幅がみられました。


 

参考文献

1) J. Mo et al., J. Mol. Biol., 222: 925-936(1991)
2) M. Takagi et al., Appl. Environ. Microbiol., 63: 4504-4510(1997)
3) H. Hashimoto et al., J. Biochem.(Tokyo),125: 983-986(1999)
4) H. Mizuguchi et al., J. Biochem.(Tokyo),126: 762-768(1999)
5) H. Hashimoto et al., J. Mol. Biol.,306: 469-477(2001)
6) M. Watanabe et al., J. Biochem.(Tokyo),131: 183-191(2002)
7) H. Terasaki et al., Intl. J. Mol. Med., 9: 107-112(2002)
 

製品内容

【KOD-201】
KOD -Plus-(1U/μl)*
10×PCR Buffer [KOD-2B]
25mM MgSO4 [KOD-2S]
2mM dNTPs [NTP-201]

【KOD-211】
KOD -Plus-(1U/μl)*
10×PCR Buffer [KOD-3B]
25mM MgSO4 [KOD-2S]
2mM dNTPs [NTP-201]

*KOD抗体を1.6μg/μlの濃度で含んでいます。
 

形状:
50mM Tris-HCl(pH8.0)
0.1mM EDTA
1mM DTT 0.001% Tween® 20
0.001% Nonidet® P-40
50% Glycerol

活性の定義:
7 5 ℃ 活性測定条件で3 0 分間に10nmolesの全ヌクレオチドを酸不溶性画分に取り込む酵素量を1Uとします。

起源:
E.coli 組換体
 

基本反応条件

〈KOD -Plus-〉
10×PCR Buffer(KOD -Plus-用) 5μl
25mM MgSO4 2μl(1mM)
各Primer 15pmoles each 2mM
dNTPs 5μl(0.2mM)
鋳型 1〜50ng(Plasmid)
  10〜200ng(Genomic DNA)
  〜1μl(逆転写反応液)
KOD -Plus-(1U/μl) 1μl(1U)
Total Volume 50μl

<3ステップサイクル>*
94℃, 2min.

94℃, 15sec.    
Tm-5℃, 30sec.
68℃, 1min./kb 25〜35 cycles

<2ステップサイクル>*
94℃, 2min.

94℃, 15sec.
68℃, 1min./kb 25〜35 cycles

〈KOD -Plus- Ver.2〉
10×PCR Buffer(KOD -Plus- Ver.2用)  5μl
25mM MgSO4 3μl(1.5mM)
各Primer 15pmoles each
2mM dNTPs 5μl(0.2mM)
鋳型 1〜50ng(Plasmid)
    10〜200ng(Genome DNA)
    〜2μl(逆転写反応液)
KOD -Plus-(1U/μl) 1μl(1U)
Total Volume 50μl

<3ステップサイクル>*   
94℃, 2min.

98℃, 10sec.
Tm-5℃, 30sec.
68℃, 1min./kb 25〜40 cycles

<2ステップサイクル>*
94℃, 2min.

98℃, 10sec.
68℃, 1min./kb 25〜40 cycles

*通常は3ステップのサイクルを行います。
Tm値が72℃以上のプライマーを用い、3ステップサイクルでスメアーが認められた場合、2ステップサイクルを行なうとスメアーが解消される場合があります。

プライマーのTm値の計算は、最近接塩基対法(Nearest Neighbor method)を用いております。プライマーのTm値計算表(EXCEL)は、こちらからダウンロードいただけます。

閉じる 詳細を見る
備考

●PCR、PCR周辺技術について 選択の指標 DNA Polymeraseについて 各PCR用Polymeraseの酵素的性質 Exonuclease活性 TdT活性について ホットスタート技術 Buffer改良による性能技術の向上 トラブルシューティング 弊社では本酵素の実施例集を作成しています。
御希望の際には、弊社または代理店まで御請求ください。
※本酵素の10×PCR Bufferは各製品専用です。KOD DNA PolymeraseのBufferとは組成が異なります。

ワンポイントアドバイス

●PCR産物のクローニング
本酵素のPCR産物は平滑化されており、平滑末端クローニング法によってクローニングできます。
その際ベクター側を脱リン酸化処理している場合、PCR産物のリン酸化を行うか、5'リン酸基のついたプライマーを使用する必要があります。  
また、本酵素のPCR産物は平滑化されているため、直接TAクローニングすることはできません。専用のTAクローニングキット「TArget CloneTM-Plus-」をご使用ください。

●PCR条件の設定について
酵素の標準使用量は、50μlの系に対して1Uとしてください。 伸長反応は、68℃で行い、ターゲット1kbに対して1min.を標準とします。
スメアリングが起こっている場合はMgSO4の濃度を下げ、増幅が見られない場合はMgSO4濃度を上げて検討します。

●GC-richな鋳型の場合
反応液にDMSOを最終濃度2〜5%程度添加することにより、改善される場合があります。

●RT反応液を鋳型とする場合
RT反応液の大量の持ち込みは、本酵素によるPCR反応を阻害する場合があります。RT反応液のPCRへの持ち込みは、PCR反応液の1/25以下(好ましくは1/50以下)をお薦めします。この場合、RT反応液からのMg2+やdNTPsの持ち込みについては考慮する必要はなく、基本反応条件に沿って、本酵素の添付のdNTPsとMgSO4を添加していただければ問題ありません。 ●プライマーの設計 3'側にミスマッチのあるプライマーは、本酵素によって校正を受ける場合があります。

FAQはこちら

閉じる 詳細を見る

関連商品

(別売りパーツ)

品名 Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
KOD -Plus- 用 Buffer (10×) KOD-2B 1ml ¥1,000 -20℃ SDS 該当無し
KOD -Plus- Ver.2用 Buffer (10×) KOD-3B 1ml ¥1,000 -20℃ 取扱説明書 SDS 該当無し
KOD -Plus- 用 25mM MgSO4 KOD-2S 1ml ¥1,000 -20℃ 該当無し
dNTPs Mixture(2mM) NTP-201 1.0ml ¥8,000 -20℃ データシート 該当無し

●KODシリーズ用高効率TAクローニングキット

品名 Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
TArget Clone -Plus- TAK-201 10回用 ¥16,000 -20℃ 取扱説明書 該当無し

●KOD -Plus-を用いたRT-PCRキット

品名 Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
ReverTra-Plus-TM PCR-501 100回用 ¥70,000 -20℃ 取扱説明書 該当無し
※1 法規制について
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外毒物です。
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外劇物です。
: 消防法に基づく危険物です。
: 御購入時に申込書の提出が必要な製品です。
: 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」 (カルタヘナ法)に基づく組換え体または昆虫細胞組換え体で生産されたタンパク質です。
該当なし: 上記法令や申込書の提出に該当しない製品です。