増幅効率、伸長性に優れたPCR用酵素です。

高効率PCR酵素 KOD Dash®

価格表

Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
LDP-101 250U×1本 ¥25,000 -20℃ 取扱説明書 データシート 該当無し
LDP-101X5 (250U×1本)×5 ¥100,000 -20℃ 取扱説明書 データシート 該当無し
LDP-101X10 (250U×1本)×10 ¥180,000 -20℃ 取扱説明書 データシート 該当無し

用途

●PCR

説明

本製品は、Barnesらの方法を用いて開発された高効率PCR用酵素です。
強い3'→5'Exonuclease活性(校正活性)を示すKOD DNA Polymerase と、遺伝子操作によって3'→5' Exonuclease活性を欠失させた改変型KOD DNA Polymeraseを最適な割合で混合することにより、優れたPCRパフォーマンスを実現しました。
単一酵素系(KOD DNA polymeraseとExo(-) KOD DNA polymerase)で構成されているため、至適条件、保存安定性、熱安定性が同一であり、安定した性能を発揮することができます。

特長

●伸長時間30sec./1kb
伸長時間をTaq DNA polymeraseの半分の時間に設定することができるため、迅速PCRに向きます。

●優れたPCRパフォーマンス
微量の鋳型からも効率よくPCRが行うことができるため、一般的なPCRの他、コロニーダイレクトPCRやウイルス/細菌の検出などに適しています。

●優れた耐熱性
Taq DNA polymeraseよりも耐熱性が優れており、熱変性ステップの温度を高く設定することができるため、GC-richな高次構造をとるようなターゲットに有効です。

●TAクローニング対応
本酵素のPCR産物はTAクローニング可能です。正確性はTaq DNA polymeraseの約3倍程度です。

実施例

コロニーダイレクトPCR

pTA2 Vector に4.5kb のPCRプロダクトをクローニングした後、KOD Dash を用いたコロニーダイレクトPCRを行って、インサートの有無を確認しました。なお、PCR Primer は、クローニングサイトを挟む位置にあるVector 上に設計した Primer を用いました。


< 反応液組成 >          < サイクル条件 >    
    (μL)               

滅菌水

23 .0   94℃ 4 min.    
10 × Buffer 3 .0   94℃ 30 sec.     
2mM dNTPs 3 .0   Tm~Tm-5℃ 5 sec.  30 cycles
Forward Primer (10μM) 0 .35   72℃ 1kb/30 sec.  
Forward Primer (10μM) 0 .35          
KOD Dash 0 .3     ※ 変性時間は通常より長く設定
     しています。
Total 30 .0          

<結果>


 1,3,4にインサートが確認できました。
 なお、データは示していませんが、PCR産物を精製後、
 鋳型に用いた場合のシーケンス結果も良好でした。

参考文献

1) M. Morikawa et al., Appli. Environ. Microbiol., 60: 4559-4566(1994)
2) M. Takagi et al., Appl. Environ. Microbiol., 63: 4504-4510(1997)
3) M. Nishioka et al., J. Biotechnology, 88: 141-149(2001)
4) W. M. Barnes, Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 91: 2216-2220(1994)
5) H. Kanzaki, J. Bone and Mineral Res., 17: 210-220(2002)
6) H. Nakayashiki et al., Genetics, 153: 693-703(1999)
7) A. Kikuchi et al., Gene, 236: 293-301(1999)

製品使用文献:
1) H. Sawai et al., Chem. Commun., 2604-2605.(2001)
2) Y. Ogawara et al., J. Biol. Chem., 277(24): 21843-21850(2002)
3) T. Ohbayashi et al., Org. Biomol. Chem., 3: 2463-2468. (2005)

製品内容

KOD Dash®(2.5U/μl)   100μL×1本
10×Buffer*[LDP-1B]       1mL×1本
2mM dNTPs[NTP-201]** 1mL×1本
*最終濃度1.2mMのMg2+を含有します。
** 本酵素によるPCRは、dNTPs[NTP-201]をお使いください。他のdNTPsでは、充分な性能を得られない場合があります。
 

形状:
50mM Tris-HCl(pH8.0)
0.1mM EDTA
50mM KCl
1mM DTT
0.1% Tween® 20
0.1% Nonidet® P-40
50% Glycerol

活性の定義:
75℃において、30分間に10nmolの全ヌクレオチドを酸不溶性画分に取り込む酵素量を1Uとします。

起源:
E.coli 組換体

注意事項

PCRには製品に添付されているdNTPsまたは別売りのdNTPs Mixture (2mM) [NTP-201]をご使用ください。他のdNTPsでは、十分な性能が得られない場合があります。

ワンポイントアドバイス

●PCR産物のクローニング
基本的にどのような方法でもTAクローニング可能です。
高効率TAクローニングキットTArget CloneTMなどをご利用いただけます。

●コロニーダイレクトPCRに最適です。
高効率かつ迅速なPCRに向くため、コロニーダイレクトPCRに最適です。

●PCR条件の設定について
伸長反応は、ターゲット1kbに対して30sec.を標準とします。

「スメアリングが認められる場合」
伸長反応の時間を短くするか酵素量を減らして検討します。

「GC-richな鋳型等、高次構造を取りやすい鋳型の場合」
本酵素は耐熱性が高いため、、変性反応を96℃以上で行うことが可能です。

プライマーのTm値の計算は、最近接塩基対法(Nearest Neighbor method)を用いております。プライマーのTm値計算表(EXCEL)は、こちらからダウンロードいただけます。イノシンを含むプライマーのTm値はこの方法では計算できません。

FAQはこちら →


   トラブルシューティングは
こちら

関連商品

(別売りパーツ)

品名 Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
KOD Dash 10× PCR Buffer LDP-1B 1mL ¥1,000 -20℃ 該当無し
dNTPs Mixture(A,C,G,T each 2mM) NTP-201 1mL ¥8,000 -20℃ データシート 該当無し

●高効率TAクローニングキット

品名 Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
TArget Clone TAK-101 10回用 ¥12,000 -20℃ 取扱説明書 該当無し
※1 法規制について
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外毒物です。
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外劇物です。
: 消防法に基づく危険物です。
: 御購入時に申込書の提出が必要な製品です。
: 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」 (カルタヘナ法)に基づく組換え体または昆虫細胞組換え体で生産されたタンパク質です。
該当なし: 上記法令や申込書の提出に該当しない製品です。