医薬品、診断薬、検査キット用タンパク質の生産に適した高発現システムです。

哺乳類細胞タンパク質高発現システム Mammalian PowerExpress System®

価格表

Mammalian PowerExpress System®

品名 Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
pEHX1.1(シングルペプチド用、抗体H鎖用) MPH-101 10μg ¥150,000 -20℃ 申
pEHX1.2(シングルペプチド用、抗体H鎖用(遺伝子増幅対応)) MPH-102 10μg ¥200,000 -20℃ 申
pELX2.2(抗体L鎖用) MPL-202 10μg ¥50,000 -20℃ 申

用途

●タンパク質の生産
 

説明

Mammalian PowerExpress System®では、遺伝子発現安定化のためのPowerExpress Element®と、高発現細胞株の効率的な選択のためのPowerScreen®テクノロジーにより、クローン化を行う前のプール状態で生産性が向上し、モノクローン化後に従来よりも高発現のクローンを多数得ることができます。
シングルペプチド用としてのみではなく、L鎖用ベクター・H鎖用ベクターから発現用組換えプラスミドを再構築することで、抗体を高生産する細胞株を得ることもできます。

特長

●遺伝子発現の安定化

●遺伝子発現の安定化

CHO(チャイニーズハムスター卵巣)細胞のゲノムより単離された遺伝子発現安定化エレメントPowerExpress Element®を発現ベクターに配置しています。PowerExpress Element®により、導入部位のゲノム環境により目的タンパク質の発現が不活性化される現象を低減し、導入された遺伝子の発現を安定化しています。
図1はPowerExpress Element®を含む抗体発現ベクターを導入して取得した2つのクローンの継代安定性を調べた結果です。各クローンの1継代と20継代の発現量比を縦軸にとりました。抗生物質を添加して選択圧をかけた場合(Puromycin(+))、抗生物質を添加せずに選択圧をかけなかった場合(Puromycin(-))、いずれの場合も1継代と20継代の発現量の比は100%前後となり、20継代後でも発現量が低下していないことがわかります。


 

●高発現クローン選択の効率化

●高発現クローン選択の効率化

弱化した薬剤選択マーカーを使用し、目的タンパク質高発現株の取得効率を高めています(PowerScreen®テクノロジー)。
PowerScreen®テクノロジーにより薬剤選択培養後に生じるコロニーの数は約10分の1に減少し、生じたコロニーの多くが目的タンパク質を高度に発現しています。
 

●dhfr遺伝子を用いた遺伝子増幅に対応

pEHX1.2プラスミドベクターはdhfr遺伝子をコードしており、MTX(メトレキセート)による遺伝子増幅が可能です。

●ラボスケールから工業化スケールでの製造まで多様な用途

抗体医薬などのバイオ医薬品の治験薬製造、市販品製造用としてはもちろんのこと、開発候補品選択のための多種類サンプル生産用としても有効です。
 

実施例

1.抗体発現ベクターの構築

1.抗体発現ベクターの構築

pEHX1.1のマルチクローニングサイトに抗体重鎖遺伝子を挿入しpEHCを得ました。
また、pELX2.2のマルチクローニングサイトに抗体軽鎖遺伝子を挿入しpELC2を得ました。
pEHC の Bgl Ⅱ- Eco RI 間にpECL2の Bgl Ⅱ - Eco RI 断片を挿入し、抗体発現ベクターpELC2+HCを得ました。

 

2. 抗体発現におけ従来ベクターとMammalian PowerExpress Systemとの比較

2. 抗体発現におけ従来ベクターとMammalian PowerExpress Systemとの比較

(クローンプール状態での比較)

抗体の重鎖、軽鎖遺伝子を、

1.従来ベクター
2.PowerExpress ElementRベクター(PowerScreenRテクノロジーは使用していません)
3.Mammalian PowerExpress SystemRベクター

へ、それぞれ挿入し、CHO-K1細胞へ遺伝子導入、薬剤選択培養後、選択された細胞のクローン化を行う前のプール状態で、抗体の生産性を評価しました。
Mammalian PowerExpress SystemRベクターでは、従来ベクターに比べ5倍以上生産性が増加することを確認しました。
 

3. dhfr遺伝子を含む本SystemでのMTXによる選択効果の検討

3. dhfr遺伝子を含む本SystemでのMTXによる選択効果の検討

抗体の重鎖遺伝子を、dhfr遺伝子を含むpEHX1.2のマルチクローニングサイトへ挿入しpEHC2を得ました。
実施例1と同様に、軽鎖遺伝子を含むpELC2のBglⅡ-EcoRI断片をpEHC2のBglⅡ-EcoRIサイトに挿入し抗体発現ベクターpELC2+HC2を得ました。
pELC2+HC2をCHO/dhfr-細胞へ遺伝子導入後、薬剤選択培養により安定発現細胞集団を取得しました。この細胞集団から取得した高発現細胞クローンを、MTXで選択培養を行った後、細胞のクローン化を行う前のプールの状態で抗体の生産性を評価しました。MTXでの選択培養により最大で3倍、平均して1.8倍の生産性の増加が可能であることを確認しました。
 

製品内容

プラスミドDNA 各10μg
 

形状:
10mM Tris-HC1(pH8.0)
1mM EDTA

注意事項

本製品(3種類とも)の購入に際して、お客様に購入または使用申込書の提出をお願いしております。

(1)お客様が非営利団体(大学その他、独立行政法人、財団法人など)の場合
購入申込書に記入いただき、弊社あてにFaxまたは代理店様へお渡しください。

(2)お客様が営利団体の場合
使用申込書に記入いただき、弊社あてにFaxでお送りください。
営利団体のお客様のご使用には、別途使用契約、または実施許諾契約が必要です。
弊社担当者より折り返しご連絡いたします。
 

※1 法規制について
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外毒物です。
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外劇物です。
: 消防法に基づく危険物です。
: 御購入時に申込書の提出が必要な製品です。
: 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」 (カルタヘナ法)に基づく組換え体または昆虫細胞組換え体で生産されたタンパク質です。
該当なし: 上記法令や申込書の提出に該当しない製品です。