MultiReporter Assay System -Tripluc-専用のプラスミドです。

Triplucシステム用リポーターベクター MultiReporter Assay System -Tripluc®-ベクターシリーズ

価格表

スタンダードタイプ プロモーター挿入用ベクター

品名 Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
pSLG-test MRV-101 20μg ¥35,000 -20℃ 取扱説明書 SDS 申
pSLO-test MRV-102 20μg ¥35,000 -20℃ 取扱説明書 SDS 申
pSLR-test MRV-103 20μg ¥35,000 -20℃ 取扱説明書 SDS 申

スタンダードタイプ SV40コントロールベクター

品名 Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
pSLG-SV40 control MRV-201 20μg ¥35,000 -20℃ 取扱説明書 SDS 申
pSLO-SV40 control MRV-202 20μg ¥35,000 -20℃ 取扱説明書 SDS 申
pSLR-SV40 control MRV-203 20μg ¥35,000 -20℃ 取扱説明書 SDS 申

スタンダードタイプ HSVtkコントロールベクター

品名 Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
pSLG-HSVtk control MRV-301 20μg ¥35,000 -20℃ 取扱説明書 SDS 申

Short lifeタイプ プロモーター挿入用ベクター

品名 Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
pSLG(PEST)-test MRV-501 20μg ¥35,000 -20℃ 取扱説明書 申
pSLO(PEST)-test MRV-502 20μg ¥35,000 -20℃ 取扱説明書 申
pSLR(PEST)-test MRV-503 20μg ¥35,000 -20℃ 取扱説明書 申

用途

●リポーターアッセイ
 

説明

本製品は、(独)産業技術総合研究所・近江谷先生らのグループで開発された緑色(SLG)、橙色(SLO)、及び赤色(SLR)発光の3色のルシフェラーゼを用いたマルチリポーターアッセイシステムに対応する、被検配列挿入及びコントロール用のプラスミドシリーズです。用途によって、下記プラスミドから選択可能です。



※細胞内タンパク質半減期を短縮し、サーカディアンリズムや刺激応答など遺伝子発現の動的な解析に適したShort lifeタイプのベクターもございます。

製品内容

〈スタンダードタイプおよびShort lifeタイプの各ベクター〉
各ベクター 20μl
 

注意事項

本製品のご購入の際には、特許の関係上購入申込書が必要になります。
こちらのリンク先にしたがって、お申込みいただきますようお願いいたします。

備考

(塩基配列情報)
pSLG-test はこちら
pSLG-SV40 control はこちら
pSLG-HSVtk control はこちら
pSLO-test はこちら
pSLO-SV40 control はこちら
pSLR-test はこちら
pSLR-SV40 control はこちら

ワンポイントアドバイス

●使用するプラスミドについて
被検配列は、SLO、もしくはSLRベクターに挿入し、コントロールとしてSLGベクターを使用することをお勧めします。
被検配列のプロモーター活性が低い場合は、SLGに挿入し、コントロールとしてSLRベクターを用いることも可能です。
SV40コントロールベクターは発現活性が高いため、トランスフェクション効率が低い場合など、シグナルレベルに問題がある場合に特に有効です。
HSVtkコントロールベクターは発現活性が低い一方、SV40プロモーターに比べ、薬剤などの実験処理により変動する可能性が低く、より安定した内部標準として有効です。
 

関連商品

●Tripluc® システム用1液検出試薬

品名 Code No. 包装 価格 保存温度 取扱説明書
データシート
SDS 法規制※1
Tripluc Luciferase Assay Reagent MRA-301 10ml ¥23,000 -80℃ 取扱説明書 申
※1 法規制について
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外毒物です。
: 毒物及び劇物取締法に基づく医薬用外劇物です。
: 消防法に基づく危険物です。
: 御購入時に申込書の提出が必要な製品です。
: 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」 (カルタヘナ法)に基づく組換え体または昆虫細胞組換え体で生産されたタンパク質です。
該当なし: 上記法令や申込書の提出に該当しない製品です。